最近の記事

2014年03月14日

カラヤン、シベリウス/交響曲第4番

今日は残業もしてようやっと1週間終わりました。

かつてなら残業は当たり前、逆に電話のかかってこない残業時間に・・・
などと仕事を先送りしてましたが、今ではとっとと帰るために濃密な時間(?)
とにかく慌しく過ごしてパッと帰るのですが、今日は無理でしたわ。

でも明日は休み、自宅でのんびりとしながらシベリウスなんぞ聴いています。
しかも難解な交響曲第4番。 もちろんウィスキーのお湯割りをお供に・・・

IMGP8584
IMGP8584 posted by (C)fronte360

シベリウス/交響曲第4番・第5番
  ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ベルリンフィルハーモニー管弦楽団

1978年録音のEMI盤、世評では1965年録音のDG盤が良い演奏とのことですが、
どうなんでしょう。 そもそも第4番は難解な曲ですからね・・・

DG盤は黒い円盤のレコードで持っていますけれど、
EMI盤は機能的なオケを駆使してより現代音楽っぽく響くような気がします。
気がします、というのはそれほど曲をよく聴きこんでいない証左ですけれど。

雄大なフィンランドの荒景・・ではなく、無機質な世界、でもなくて、
けっこう難解な曲をカラヤンらしい解りやすい語り口でやったら、
こうなった・・・そんな風に聴いていると思えてきます。

ジャズもいいけど、ちょっと難解なクラシック音楽もいいですね。


posted by fronte360 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 14-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック