最近の記事

2014年01月26日

そろそろカセットデッキもメンテ時期か・・・

ステレオ・サブシステムに接続していたカセットデッキ、AKAI GX-R70。
アンプのヒューズが飛ぶという不運に見舞われて出番がなくなったので、
メインシステムに復帰させました。

IMGP8526
IMGP8526 posted by (C)fronte360

カセット特有のウォーミーな音に加え、メインシステムのアンプの力により、
かなり馬力のある中音域が出ていますけど、ちょいとワウるときがあるみたい。
ゴムベルトが滑っているのかな、そういえば回転速度は少々遅いかも・・・

前回コレを分解したのは昨年の3月20日でしたね → ココ

このときの清掃で復活していましたが、
念のため日本橋の千石電商にて交換用のゴム平ベルトは調達済み、
そろそろ1年、ちゃんと交換したほうが良いのでしょうけれども・・・

でも正直、記事を見て思い出しても、けっこう大変なんですよね、
完全に動かなくなれば話は別なんですが・・・


posted by fronte360 at 19:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 貧者のオーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
奈良の安田さん、こんにちは。
小生カセットデッキ買いなおして、目からうろこが落ちたようなオーディオ環境になりました。
カセットのウォーミーな音、まさに、思っていたよりも分厚い、そして暖かい感じの音で大満足です。
懐かしい「デーヤンの音楽横丁」や「夜の散歩道」なんかを聞き直してます。
TEACのデッキ、先日、弊ブログ紹介の通りですが、28,800円で買えてしまいました。別にポイントも付いたし。
悩むよりも買い替えが正解ではないでしょうか。
ワウるのは、デッキよりもテープに問題があるのでは?
Posted by 我太呂 at 2014年01月27日 05:40
我太呂さん、アドヴァイス有難うございます。

しかしながら先立つものが無い、という現実もありますが、修理する醍醐味も(面倒と言いながらも)あるのですね。
ワウるのは、ご指摘のとおり、太陽誘電That'sブランドのカセットに顕著なんですね。 抵抗が大きくベルトが滑っているようですが、すでに30年選手ですものね・・・
ゴムの平ベルトが伸びているのは確認済みなんで、思い出しながら分解してみようと思います。

ところで貴殿のDENONのアンプPMA550の不調ですが、スピーカー・リレーが経年で接触不良になっているのじゃないですか?
リレーの位置にもよりますけど、簡単に接点復活剤で修るかもしれないかな・・・などと思っていたりします。

分解修理はあくまでもド素人の戯言ですけれど・・・
Posted by 安田裕隆 at 2014年01月27日 20:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック