2013年10月05日

カルミレッリ&イ・ムジチ、ヴィヴァルディ/四季 using SL-6

ステレオ・サブシステムの部屋でちょいと用事があったので、
Technics SL-6 を活用してBGMを流してましたけれど、これがとっても便利!!
リピート演奏できるでしょ、ながら聴きにはもってこいです。

しかし用事も終り、これまでポップス系を中心にながら聴きしていたので、
クラシックでちょっとお耳直し・・・ですが、これもとってもよろしい。

PA055324
PA055324 posted by (C)fronte360

今はお膳(コタツ)の上に置いていますけれど、何より安定したトレース。
腰のある明るめのサウンド、歪感がないのはリニア・アームだからでしょうか。
カルミレッリによるイ・ムジチの四季がとっても息づいております。

またカートリッジによることろも大きいと思います。
ボーカルやジャズのコンボが得意みたい、クラシックも室内楽向けでしょう。
ハイエンドが甘いのは、アダプターのせいか? との意見が散見されますが、
やはりハイエンドは伸びていなくて、中音指向の音造りとみました。

四季は倍音たっぷりのヴァイオリンによる協奏曲の側面があって、
カルミレッリのスピード感のあるヴィヴィッドなソロと、
合奏協奏曲としての骨太の演奏が見事にマッチング。
ポテンシャルの高いレコード・プレーヤですね。

10曲選曲できるお手軽な玩具みたいなレコード・プレーヤー
そんな認識は捨てても、便利さがまた嬉しいのです。

そしてカートリッジ交換して聴きたくなる、
純正品のカートリッジの交換針を仕入れて聞き比べしたくなってます。

じつは子供ために捕獲したプレーヤですけれども、
手放すのがだんだん惜しくなってきたぞ。


posted by fronte360 at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 13-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック