2013年08月04日

ブルーノ・ワルター、モーツァルト/交響曲第39・35番

先週の演奏会感想文を書き上げてアップロード、やっと年貢を納めた気分。
ちょっと気楽になってステレオ・メインシステムで聴いているのは、
ブルーノ・ワルター指揮によるモーツァルト

P8045054
P8045054 posted by (C)fronte360

モーツァルト/交響曲第39番、第35番「ハフナー」
 ブルーノ・ワルター指揮コロムビア交響楽団

1980年代のいつ頃かな、「ブルーノワルターの芸術1500」の1枚ですが、
黄色いシールが貼っているとおり、レコファン渋谷BEAM店での100円捕獲品。

録音は、ハフナーが 1959年1月、第39番は 1960年2月なので
ともにパブリックドメインとなり、ネットではタダで拾える録音でしょうが、
ほとんどダウンロードに興味ありません。 やっぱり音盤が好きですね。

いくつかネットより拾ってみたものの、メモリプレーヤに入れるのは楽ですが、
手軽なぶん愛着も湧かないのですね。
LP/CDで全曲集めたかった・・ かなり入れ込んでいた演奏であっても、
いざダウンロードして手元に落ちると、愛着湧かないんですよね。

たとえ100円であっても、店頭で偶然見つけ、吟味を重ねて捕獲したものと、
手軽にダウンロードできるものでは愛情の度合いが違うのでしょうね。
それにLPだと、ジャケットなど存在感が全く違いますもの。

さてワルターのモーツァルト、あえて言うことも無いほどの名演ですけれど、
実は買ってみたものの、どうもしっくりこなくて、古い演奏スタイル・・・
なんて思っていました。
しかし、先週このステレオ・メインシステムで聴いて、評価が一転。

たっぷりとしたスケールの大きさを持ちながらも繊細でデリケート、
重厚な響きながらも軽妙で洒脱、相反する要素を供えているのですね。
これには不覚ながら気付きませんでした。

単身赴任時代、能率の低いサブ・スピーカーで聴いていたこともありますが、
古いスタイルとの先入観があったせいでしょう。 反省。

またステレオ・メインシステムで聴く楽しみが増えました。


posted by fronte360 at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 13-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック