最近の記事

2013年07月28日

パスキエ三重奏団、モーツァルト/ディヴェルティメント K.563

ステレオ・メインシステムのアンプ交換、さっそく試運転。
当初はいつもどおりアカペラの合唱曲を聴いてみたのですけど、
こちらのほうがいいかなぁ、と・・・パスキエ三兄弟によるパスキエ・トリオ、
フランスの名弦楽三重奏団による典雅なモーツァルト。

P7284964
P7284964 posted by (C)fronte360

モーツァルト/ディヴェルティメント 変ホ長調 K.563
 パスキエ三重奏団
  ジャン・パスキエ(vn)
  ピエール・パスキエ(va)
  エティエンヌ・パスキエ(vc)

ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロのためのディヴェルティメント、
まさしく彼らのための曲にように息の合ったアンサンブルが自然に流れ、
各声部が生き生きと絡み合って、息遣いまで聴こえてきそうです。

アンプ交換、もっと馬力があって絢爛豪華な R.シュトラウスなんてのより、
奥行きを感じさせる室内楽をより自然に聴くほうが良いかな、と・・・
でも実際には並べて聴いているわけでなく、印象でしかありません。

とにかく今はこのパスキエ・トリオによるディヴェルティメントが素適。
今日は、お昼からドーンセンターでハイドンとベートーヴェン、
こちらも素適な演奏となることを想像します。



posted by fronte360 at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 13-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック