最近の記事

2013年06月02日

追悼 マリー=クレール・アラン(その2)

2月26日に86歳にて鬼籍に入られたマリー=クレール・アランさん
追悼のため「バッハ・オルガン作品集」とともに出してきたレコードですが
ステレオ・サブシステムに置いたままになっていたので再聴、偲んでいます。

P6024617
P6024617 posted by (C)fronte360

ブクステフーデ・オルガン名演集
Side A
 前奏曲、フーガとシャコンヌ ハ長調
 コラール「異教の救い主よ、いざ来たれ」
 コラール「暁の星のいと美しく輝くかな」
 カンツォネッタ
 前奏曲とフーガ ホ短調
Side B
 前奏曲とフーガ ト短調
 コラール「イエス・キリストよ、讃えられよ」
 前奏曲とフーガ ニ長調
 コラール「甘き喜びのうちに」
 前奏曲とフーガ イ短調

ブクステフーデは、J.S.バッハの師匠にあたる人で、
彼のオルガン演奏を聴くために休暇願いを出してリューベックに赴き、
感動のあまり休暇を無断延長、3ヶ月間の指導を受けたという話があります。

J.S.バッハよりも簡潔かつ主情的な感じがします。
力強いオルガンの響きが、心に直接訴えかけるロックのようでもあり、
ある種のカッコ良さも感じないでしょうか。

アランさんの「前奏曲とフーガ ト短調」の動画を発見しました。
手元のレコード盤の解説も引用しておきましょう。

まず冒頭にはシャコンヌ的な主題によるオスティナートの低音に支えられた大きなトッカータ(異様なまでに近代的な曲である)、次いで長い音価の主題(オスティナートの主題と同じ姿をもつ)によるフーガの提示部、リズム的な経過部、そして最後の付点つきの音価の主題によるフーガといった構成をもつ曲である。
(解説:Norberr Dufourcq/浅沼圭司・訳)





posted by fronte360 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 13-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック