最近の記事

2013年04月08日

ローベル・デュナン、モーツァルト/オルガン・ソナタ<全17曲>

コンサートホール・ソサエティ盤大会・番外編
教会のパイプ・オルガン写真、シックな色調とボケ気味のピントが好ましい。

モーツァルト/オルガン・ソナタ 全17曲
 フランソワ・ドゥロール(org)
  ロベール・デュナン指揮 コレギウム・アカデミクム・ジュネーヴ合奏団

P4063855
P4063855 posted by (C)fronte360

ザルツブルクの教会の典礼ミサのためにモーツァルトが書いた「教会ソナタ」
それをこの盤では「オルガン・ソナタ」と称しています。

演奏も軽快ながらも落ち着いたものです。
オルガン奏者フランソワ・ドゥロール(Francois Delor)の経歴については、
ジャケットやネット検索に記載ありませんが、軽快なオルガン演奏で、
コレギウム・アカデミクム・ジュネーヴ合奏団による演奏ともよく合って、
同窓のジュネーヴ音楽院関係かと想像します。

全17曲が収録されていますが、演奏順は作曲年代順ではなく、調性を意識し、
変化と統一という点に配慮されたと解説には書かれています。
また懐かしの藁科雅美さんの柔らかな筆致での詳細な解説が魅力的です。

Sise A
 ハ長調 第14番 K.278
 ・・・・・・・・・
 イ長調 第7番 K.225
 ・・・・・・・・・
 ニ長調 第4番 K.144
 ト長調 第7番 K.241
 ニ長調 第3番 K. 69
 ・・・・・・・・・
 ハ長調 第16番 K.328
 ヘ長調 第10番 K.244
 ハ長調 第17番 K.336

Side B
 ヘ長調 第15番 K.329
 ・・・・・・・・・
 ヘ長調 第8番 K.224
 ・・・・・・・・・
 変ロ長調 第6番 K.212
 変ホ長調 第1番 K. 67
 変ロ長調 第2番 K. 68
 ・・・・・・・・・
 ト長調 第13番 K.274
 ニ長調 第14番 K.245
 ・・・・・・・・・
 ヘ長調 第5番 K.145
 ・・・・・・・・・
 ヘ長調 第12番 K.263

録音はステレオ、ノイマンSX-68カッタヘッド使用との記載あり、
音場感なども申し分なく、自然な奥行きも感じる録音です。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック