最近の記事

2013年03月08日

高知・春の気配、潮江からの戻り

2月25日(月)、潮江天満宮を出て鏡川沿いを歩いて戻ります。
途中ヒヨドリを見つけたのものこの時、堤防の立つのは天神のクスノキ
東西13m、南北18mの大きなクスノキです。

P2253473
P2253473 posted by (C)fronte360

手前の石碑は大正15年に潮江村が高知市に編入された事を記念する石碑。
漢文のようですが意外と判りやすく書かれてありました。
いったん潮江天満宮の前を過ぎ、戻り道となる天神橋を臨みました。

P2253475
P2253475 posted by (C)fronte360

橋を渡って、少し歩くと日本キリスト教団土佐教会と併設された幼稚園の門。
この門の右側に石碑がありますね。

P2253476
P2253476 posted by (C)fronte360

後藤象二郎先生誕生之地

P2253477
P2253477 posted by (C)fronte360

ここを過ぎてもう少し先に歩き、高野寺の手前の角を曲がります。
このお寺の門の脇にも石碑がありますね。

P2253478
P2253478 posted by (C)fronte360

板垣退助先生生誕之地

P2253479
P2253479 posted by (C)fronte360

ここも過ぎてもう少し先に歩き、駐車場がありますが、
この駐車場のフェンスの脇にも石碑がありますね。

P2253480
P2253480 posted by (C)fronte360

片岡健吉先生生誕の地

P2253481
P2253481 posted by (C)fronte360

いずれも幕末の土佐藩士で、
後藤象二郎は参政として武市半平太を捕縛・切腹させた後、坂本龍馬と組み、
薩摩と盟約を結んだり、山内容堂公とともに大政奉還を推し進めました。
自由民権運動で有名な板垣退助の説明は不要でしょうが、
戊辰戦争で板垣退助の元で戦った片岡健吉は、第7-10代衆議院議長でした。

しかしまぁこんな隣接した区域で維新の元勲たちが生まれた育ったこと、
ちょっと驚きました。

でもって春の気配の高知散歩はこれにて終了。



posted by fronte360 at 05:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 13-高知散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック