最近の記事

2013年03月07日

高知・春の気配、潮江天満宮

2月25日(月)、潮江天満宮の楼門をくぐって拝殿前へと向かいます。
神池のほとりに龍神が祀られた幡龍宮

P2253453
P2253453 posted by (C)fronte360

梅園では老母娘のペアがさかんに記念撮影をしておられたので先を急ぎ
なで牛さん。 ここには狛犬のように左右2体いらしゃいます。

P2253454
P2253454 posted by (C)fronte360

P2253456
P2253456 posted by (C)fronte360

それぞれクビに鈴を付けていますね。
参詣される方は、綱をゆすって鈴を鳴らしてから拝まれていました。
うしろの梅は、飛龍梅。

P2253458
P2253458 posted by (C)fronte360

P2253459
P2253459 posted by (C)fronte360

拝殿
残念ながら太平洋戦争による空襲で焼失したので戦後の再建になります。

P2253457
P2253457 posted by (C)fronte360

菅原道真は、左遷されて大宰府に流されましたけれども、
その息子である菅原高視(たかみ)もまた土佐権守として左遷され、
この潮江に居住していたそうです。
そして邸跡のある山は高視(たかみ)の名前から「高見山」と呼ばれ、
(正式名称は皿が峰)現在も高見町という町名が残っているのだそうです。

P2253460
P2253460 posted by (C)fronte360

延喜3年(903年)に道真が没し、遺品(袍、剣、観音像)が高視の元へ届けられ、
それを祀ったのがこの神社の創祀となります。
由緒ある天満宮なのですね。

P2253462
P2253462 posted by (C)fronte360

この遺品を届けたのが、道真侍臣の渡会春彦(白太夫)という人で、
長岡郡大津村船戸(現 高知市大津舟戸)の霊松山雲門寺において病を発し、
延喜5年(905年)12月9日に高視に会うことなく同地で没したと伝わります。

P2253463
P2253463 posted by (C)fronte360

現在も岩崎山(大津北浦)に墓(奥津城)が残り、白太夫神社があるそうで、
「菅原伝授手習鑑」の白太夫のモデルなんだそうです。

P2253464
P2253464 posted by (C)fronte360

さぁ、ぐるっと一周回って参道へと戻ってきました。
この間にちゃんとお参りは済ませております。

P2253466
P2253466 posted by (C)fronte360

楼門前に建つ鳥居の影に入って再度楼門の記念撮影。
頭を垂れて、潮江天満宮を後にしました。


posted by fronte360 at 05:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 13-高知散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック