2012年10月26日

河内花園・玉串神社鳥居

13日(土)、境内に鳥居のない津原神社より参道を望みます。

PA132074
PA132074 posted by (C)fronte360

玉串川まで続くこの参道を「馬場」と呼び「河内三大馬場」の一つだそうです。
あと二つはどこか分かりませんが・・・ とにかくこの道を歩きます。
ずいぶんと歩いて振り返った写真。

PA132075
PA132075 posted by (C)fronte360

この馬場は六丁(600m余)あり、両側には老松、大杉、榎の巨木の並木・・・
との記載がありましたけれど、宅地化が進んでご覧のとおり。
もう少し歩くと、前方の府道24号との交差点の先に鳥居が見えてきました。

PA132076
PA132076 posted by (C)fronte360

ん、よく見ると、その手前この交差点の向こうの角に祠を発見。
まずはここを見ることにします。

PA132077
PA132077 posted by (C)fronte360

何地蔵さんでしょうか、扁額もなく、立札もありません。
失礼して、扉の隙間より中を撮らせてもらいましたが、やはり分かりません。
でも丁寧にお祀りされていることは分かりました。 合掌。 

PA132078
PA132078 posted by (C)fronte360

祠の前から鳥居を望みます。

PA132080
PA132080 posted by (C)fronte360

交差点で府道24号と交わったあとより生活道路の趣となります。
そして鳥居の向こうの道は更に狭くなってますよ。

PA132086
PA132086 posted by (C)fronte360

鳥居をくぐって向こう側、こちらが正面ですよね。

PA132084
PA132084 posted by (C)fronte360

「玉串惣社」の扁額が掲げられています。
この辺りは玉串荘と言われ、串が流れ着いた所を玉串明神として祀った、
とありますので、玉串惣社とは津原神社のことです。

PA132083
PA132083 posted by (C)fronte360

この立派な鳥居には、以下のように彫られていました。
元禄十二巳卯年十一月廾四日 玉櫛庄 市場村

PA132081
PA132081 posted by (C)fronte360

堂々たる鳥居を見上げて、帰路としまいした。
(おしまい)

posted by fronte360 at 05:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 12-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック