2012年10月11日

中森明菜 / バリエーション〈変奏曲〉

気温が下がって夏の疲れか、自主休暇付き4連休明けをまだ引きずっているのか、
今週はお疲れモードがなんとなく抜けません。 週末に試験もあるからか・・・
とにかく、元気になるべく取り出したアルバムがこれ。

1982年10月27日発売。 中森明菜さんのセカンド・アルバム。
セカンド・シングル「少女A」が収録されています。

PA112027
PA112027 posted by (C)fronte360

「少女A」、17歳の明菜ちゃんの歌う歌詞に耳がいってしまいますけれども、
演奏者のクレジットはありませんが、演奏がとてもしっかりとしていて、
ベースラインが強調された演奏がなかなか迫力あります。

でも、一番好きなのは、弦楽四重奏をバックに歌う「咲きほこる花に……」
チェロが暖かな響きから始まります。

 騒がしい季節と 静かな季節
 めぐりめぐって今 あなた求めてる
 あわてずに恋を 見つめ直しているわ
 意地を張らないで 戻ってきてよ


歌詞、曲ももちろん素晴らしいのですが、シンプルな編曲がとても素敵。

 大事に育てた花が
 胸の中で咲きほこる
 とてもあざやかだった あなたがよみがえる日


中森明菜さんの最初期の名作バラードとして忘れられない曲です。
ちょっと生き返りました。

side A
 (イントロダクション)
    作曲:若草恵、編曲:若草恵
 キャンセル!
    作詞:売野雅勇、作曲:伊豆一彦、編曲:萩田光雄
 脆い午後
    作詞:中里綴、作曲:三室のぼる、編曲:萩田光雄
 哀愁魔術(マジック)
    作詞:森雪之丞、作曲:小杉保夫、編曲:萩田光雄
 咲きほこる花に……
    作詞:来生えつこ、作曲:来生たかお、編曲:若草恵
 ヨコハマA・KU・MA
    作詞:中里綴、作曲:南佳孝、編曲:萩田光雄

side B
 メルヘン・ロケーション
    作詞:中里綴、作曲:三室のぼる、編曲:萩田光雄
 少女A
    作詞:売野雅勇、作曲:芹澤廣明、編曲:萩田光雄
 第七感(セッティエーム・サンス)
    作詞:篠塚満由美、作曲:南佳孝、編曲:萩田光雄
 X3(バイバイ)ララバイ
    作詞:森雪之丞、作曲:小杉保夫、編曲:萩田光雄
 カタストロフィの雨傘
    作詞:篠塚満由美、作曲:和泉常寛、編曲:若草恵
 (エンディング)
    作曲:若草恵、編曲:若草恵

posted by fronte360 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 11〜12-JPOP音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック