最近の記事

2012年09月22日

グルダ、バックハウス ベートーヴェン「皇帝」

音楽雑記帳なのに、音楽の話題が少ないのが気になってますけど、
一応音楽は毎日聴いてまして、昨日の通勤時はピアノ協奏曲「皇帝」

フリードリヒ・グルダ(p)
ホルスト・シュタイン指揮ウィーンフィルハーモニー管弦楽団

CD棚よりバックハウスのを探してましたが、見つからなかったのでグルダ、
この演奏もまた名盤の誉れ高いものですね。

個人的には、ホルスト・シュタインがドライブするウィーンフィルが好きで、
耳がいってしまうのですが(世評では精彩に欠けるとの意見もありますが)
腰のしっかりと座った堂々たる演奏だと思うのですけどね。
決め所で、思わずガッツポーズをしたくなる感じ(してますけど・・・)。

これ従えたグルダが意外と言うと失礼かもしれませんが正統的な演奏。
しかも生き生きと演奏して、機動力と躍動感を兼ね備えた演奏と感じました。

P9221773
P9221773 posted by (C)fronte360

先ほどまた聴き返しましたが、気合を感じるこの演奏に満足しましたけれど、
やっぱり、気になってバックハウスのCDを発掘してきました。

ヴィルヘルム・バックハウス(p)
ハンス・シュミット=イッセルシュテット指揮ウィーンフィルハーモニー管弦楽団

「鍵盤の獅子王」と言われたバックハウスらしく、格調高い演奏ですね。
そしてイッセルシュテットの指揮するウィーンフィルは朴訥とした風ですが
こちらもコクを感じさせる味わい深い響き、よくマッチしていてます。

グルダよりも更に正統的で、毅然とした風格をも感じられるピアニズム、
ベートーヴェンという孤高をより孤高たらしめている演奏でしょうか。
こう書くとやたら堅苦しいイメージになりますけれど、
率直で味わい深い演奏であると思いました。

じつは今日の演奏会のための予習のつもりでしたけれど・・・
いずれもスッパリを忘れ、新鮮な気持ちで聴かせていただきましょう。
今日の楽しみです。

.


posted by fronte360 at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 12-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック