最近の記事

2012年09月14日

堺筋(さかいすじ)

8日土曜、休日出勤の帰り、道修町の少彦名神社を出て堺筋に出ました。

堺筋との角には、漢方薬店のショーウィンドウが存在感ありますね。
さすがクスリの街といった感じ。 道修町漢方薬局だそうです。

P9081684
P9081684 posted by (C)fronte360

よく見ると、黄色い缶は「八ッ目鰻キモの油」って書いてますね。

P9081685
P9081685 posted by (C)fronte360

疲れ目・かすみ目 運転・パソコン・読書 目が疲れたら…要注意
八ッ目鰻キモの油
スタミナ ドリンク 八ッ目鰻キモ油付き ¥157

なんていう貼り紙もしてありますよ。
いわゆる「肝油」ですね、子供の頃、学校で飲まされたような・・・

この角から向こう側を見ると、黒塀の商家、小西家住宅・旧小西儀助商店。
1900-3年(明治33-36年)に建てられた商家で、重要文化財となっています。

P9081686
P9081686 posted by (C)fronte360

建築当初は堺筋沿いの歩道の辺りまでだったそうですが、
1911年(明治44年)の堺筋拡張工事に伴い道路用地として収用されたそうです。
当時まだ御堂筋は拡張されておらず、大阪のメインストリートは堺筋でした。

このまま進路を南、少し歩くと生駒時計店があります。
登録有形文化財の生駒ビルヂング。 1930年(昭和5年)の建造です。

P9081688
P9081688 posted by (C)fronte360

この角度からは見えませんが、時計塔があります。
スクラッチタイル(手掻きの縦縞模様タイル)とテラコッタ(素焼きの陶片)
これらを活用したアールデコ調のビルです。

P9081689
P9081689 posted by (C)fronte360

2階の出窓や丸窓には、獣神像の彫刻による装飾が施されています。
今の建築には見られないものですね。 嬉しいな。

P9081692
P9081692 posted by (C)fronte360

1945年(昭和20年)大阪大空襲では堅牢なコンクリート壁に守られ戦災を免れ、
1995年(平成7年)阪神淡路大震災も近隣ビルの窓が半分以上破損する状況下
このビルには被害がなかったそうです。

P9081690
P9081690 posted by (C)fronte360

1983年(昭和58年)に外壁大改修、1991年(平成3年)に1-2階店舗改修、そして
2002年(平成14年)には耐震補強・水道配管・電気設備も入替えたそうです。
今後も長くこの地にあり続けて欲しい建築物ですね。

もう少し南に歩いて見える高層ビルは、りそな銀行本店ビル。
旧大和銀行本店ですね。

P9081693
P9081693 posted by (C)fronte360

メガバンクと呼ばれる都市銀行で、唯一東京以外に本店を構えてますね。
お仕事で数回中に入れてもらいましたけれど、セキュリティ万全です。
でもなぁ、何年経っても生駒ビルヂングのような愛着は湧かないだろうな・・・

道路を渡って東側歩道に移り、本町通りを越えて少し南下すると・・・
ローソンの入っているビルが・・・これ、明治屋が入っていたビルですね。

P9081696
P9081696 posted by (C)fronte360

明治屋からローソンとは・・・時代の流れ、と言えばそれまででしょうが、
道路を渡って西側歩道に戻って確認、「明治屋ビルディング」のプレート!!
ちゃんと残っていて、ちょっと安心しました。

P9081697
P9081697 posted by (C)fronte360

1924年(大正3年)に建てられたビルだそうですが、角にアールをとっていて、
瀟洒なこのビルが明治屋のハイカラなイメージに良く似合ってましたけどね。

更に南下し中央大通り、船場(せんば)に到着。
道路拡張・阪神高速道路の建設で、船場の繊維問屋さんは高速道路下、
船場センタービルに入り、中でも1〜3号館は「大阪舶来マート」。

P9081698
P9081698 posted by (C)fronte360

1階〜地下2階に、輸入雑貨・服飾・食品などを扱うお店が集まってて、
珍しいので学生時代からよく冷かして歩いてました。 懐かしい場所です。
今回は反対側4号館に入り、本町駅まで歩いて地下鉄で帰路としました。

堺筋、江戸時代この船場から船で堺に通じていたから、堺筋だそうです。

(おしまい)

.
posted by fronte360 at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 12-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック