2012年09月11日

若江鏡神社

9月1日朝、河内花園をスタートして若江岩田まで歩いた先に目指したのは・・
若江鏡神社であります。

P9011637
P9011637 posted by (C)fronte360

創建年代は不詳ながら延喜式内の古社で、
斉衡元年(854年)に記された書物に『河内之国大雷火明之神従五位下』とあり、
少なくとも1200年近くこの地に鎮座されているようです。

P9011640
P9011640 posted by (C)fronte360

神社及び数多くの宝物は、大阪夏の陣の兵火で焼失したとのことですが、
石灯籠など見て回ると、江戸時代のものが多数残っていることより、
以降もまた地元の崇敬を集めていたものと考えられます。

P9011645
P9011645 posted by (C)fronte360

これは拝殿脇にある末社・天照皇大神社の狛犬さん

P9011646
P9011646 posted by (C)fronte360

これもまたいいお顔しておられますね。

P9011647
P9011647 posted by (C)fronte360

でもここに来たかったのは、大阪日日新聞の記事を読んだからでした。

その昔、雷が誤ってご神前に落ちてしまった。神の前に落ちるとは何事か、と怒りにふれ、雷は天に返してもらえなくなった。そこで今後、決してこの村には落ちない、という約束をし、その印として手形を残したのがこの石=写真=である。

IP120807TAN000090000.jpg

ここは、東大阪市若江南町にある若江鏡(わかえかがみ)神社。伝説によると神功(じんぐう)皇后の御世(201〜269在位)の出来事というからあまりにも古い。
奇石「雷の手形石」、この写真も大阪日日新聞からリンクしました。

ちょっとは覗けるかな〜、と思って、神社をぐるっと一周しましたが・・・
やっぱりダメでしたね。
でも一周すると、懐かしい感じのする住宅にまたまた妙に感じ入りましたよ。

P9011650
P9011650 posted by (C)fronte360

帯広での学生時代、こんな感じの2階屋ではありませんが、
こんな鉄の階段がついた家の2階に間借りしていたことを思い出します。

P9011651
P9011651 posted by (C)fronte360

このような平屋、棟割り長屋の路地もまた懐かしいですね。

P9011652
P9011652 posted by (C)fronte360

細い路地、子供の頃にかくれんぼや鬼ごっこで走り回ってましたよ。

P9011654
P9011654 posted by (C)fronte360

神社をぐるっと一周したので、これで帰路とすることにしました。

P9011638
P9011638 posted by (C)fronte360

横断した道路(府道24号)に戻り、八戸ノ里方面に向かって歩きましたが・・・
そこで発見したものは、また次回ということで。

.

posted by fronte360 at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 12-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック