2012年08月22日

こんぴら・金丸座

11日、こんぴらさん(金刀比羅宮)への石段を登り初めて少しすると
金丸座を示す案内板。 これに従って参道を外れて歩きます。

しとしとと雨が降って蒸し暑く、しかも上り坂なんですね。
何度も、断念しようか…、と思いつつも、なんとか金丸座へ到着。

P8111365
P8111365 posted by (C)fronte360

天保6年(1835年) に建てられた現存するわが国最古の芝居小屋。
芝居小屋としては初めて国の重要文化財にも指定されています。
この石段を登って、入場料 500円を払って見学。

P8111368
P8111368 posted by (C)fronte360

この小さな木戸を潜って中に入りました。

P8111372
P8111372 posted by (C)fronte360

すると、ちょうど解説をして下さるところでした。
お時間のある方はどうぞ・・・ あまり時間ないけど、せっかくなんで
お話を聞かせてもらうことにしましたが、これがなかなかの名調子。

P8111371
P8111371 posted by (C)fronte360

たくさん歌舞伎を観られているのでしょうね。
説明の台詞回しの口調もどこか芝居の解説風でもあって明快、
しかも詳しく、興味をそそる内容で、とても分かり易くて、得した気分。
それに帰りには、お土産として木札まで頂きました。 感謝・感謝。

説明では、大阪三座の一つ浪花座を模したものだそうです。
昭和45年に「旧金毘羅大芝居」として国の重要文化財に指定され、
昭和47年から4年の歳月をかけ、現在の場所に移築復元されたとのことです。

P8111375
P8111375 posted by (C)fronte360

芝居中は付き人でも入ることのできない花道に上って説明が続きます。
平成15年、いわゆる耐震補強工事によって発見された痕跡を検証し、
「ブドウ棚」と「かけすじ」が復原されました。

P8111376
P8111376 posted by (C)fronte360

「ブドウ棚」は竹で編んだ天井の棚で、ここから花吹雪・紙吹雪を撒き、
「かけすじ」は花道の真上で宙吊りをするための木の梁のようなものですね。
毎年開催される人気の「四国こんぴら歌舞伎大芝居」では、
何年に誰が宙吊りをしたかなども、詳しく説明して下さいました。

P8111387
P8111387 posted by (C)fronte360

天井に吊るされた提灯は「顔見世提灯」と呼ばれる役者の番付の代わりだとか、
これも実際にどの役者さんの紋所かを教えて下さいましたが、へぇ、ほぉ、と
言うだけですっかり忘れてしまいましたけど・・・

P8111381
P8111381 posted by (C)fronte360

舞台の上で解説を終え、あとは自由散策で奈落へと降りました。 奈落の底。
この垂れ下がった棒を人力で押して、回り舞台を廻すのですね。
左にある角材で組んだ部分は「セリ」の部分。 これも人力で押上げてます。
光量が足りないのでフラッシュを使ってみました。

P8111383
P8111383 posted by (C)fronte360

この地下通路を使って、花道へスタート地点「鳥屋」へと続きます。

P8111385
P8111385 posted by (C)fronte360

写真は振り返って、奈落の底を見たものですけどね。

P8111389
P8111389 posted by (C)fronte360

そして、解説の方より教えていただいた皇太子妃雅子さまが座った席より
劇場後方を見下ろしました。 花道への出口、幕がかかった所が「鳥屋」。
まるで鳥が飛び立つように花道に出る所なので「鳥屋」だそうです。

P8111390
P8111390 posted by (C)fronte360

天井の提灯も目の前ですね。

P8111377
P8111377 posted by (C)fronte360

金丸座、たっぷりと堪能いたしました。
いよいよこれから、こんぴらさん(金刀比羅宮)への石段へと戻りましょう。
降っていた雨も止んだようです。 いい時間を過ごすことができました。

(つづく)

.

posted by fronte360 at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 11〜12-散歩(全般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック