最近の記事

2012年08月09日

石上神宮(いそのかみじんぐう)・その2

かねてより行きたかった石上神宮(いそのかみじんぐう)
楼門をくぐって、拝殿を臨みます。 意外に小さい、という感じ。

P8051333
P8051333 posted by (C)fronte360

拝殿は、国宝です。
白河天皇が、鎮魂祭のために永保元年(1081年)に寄進されたものと伝えられ、
鎌倉時代初期の様式で、拝殿としては現存する最古のものだそうです。
国宝なので普段は昇殿できないようですが、
ちょうど祈祷されているご家族の方がいらしたのでこの日は人が入ってます。

P8051326
P8051326 posted by (C)fronte360

この拝殿の裏に本殿があるのですが、ここからは見えませんので回廊を出て
木立の中から本殿の屋根だけ撮ってみました。

P8051329
P8051329 posted by (C)fronte360

そもそも石上神宮には本殿はなく、
ご神体である神剣が土中深く埋められた禁足地があったそうです。

ここを明治7年に調査して掘り返したところ、多くの玉・剣・矛などが出土、
御神体である布都御魂(ふつのみたまのつるぎ)も発見されたそうで、
明治43年〜大正2年にかけて本殿建立、禁足地を整え、今日に至っています。

P8051331
P8051331 posted by (C)fronte360

禁足地の傍に立つこの杉は、神杉と呼ばれているそうです。
樹齢は350年を超えているようです。

川から泳ぐように流れてきた鋭い剣、
岩や木を二つに切りながら流れてきたのを、洗濯していた若い娘が見つけ、
これを避けようとした瞬間、白い布に剣が入って、布は切れず布に留まった。
剣を石上神宮に奉納し、布で留まった所から布留という地名になったとか。

また万葉集の「布留の神杉」の歌では、女が白い布を洗っていると、
上流から草木をなぎ倒しながら泳ぐように流れを下ってきた剣を白布で留め。
剣を川のほとりに立てて日ごとお祭りを欠かさずにしていましたが、
雨風にさらされて朽ち果てたので、その地に穴を掘り、埋めて祭りすると、
間もなくその地に杉が芽生え、天をもさすほどにすくすくと成長。
この杉が布留の神杉と言われるようになったということだそうです。

調べてみると色々とあって興味は尽きませんが、また後日。

.


posted by fronte360 at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 12-奈良散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック