2012年06月07日

彌榮神社(いやさかじんじゃ)

司馬遼太郎記念館の近くまで来て、神社を発見、彌榮神社でした。
新字では、弥栄神社(やさかじんじゃ)やな、と思って案内板を読んでみたら、
彌榮神社(いやさかじんじゃ)なんだそうです。

P6020479
P6020479 posted by (C)fronte360

熱心に拝んでおられる方がいらしたので、そっと離れて写真を撮りました。

P6020483
P6020483 posted by (C)fronte360

なお案内板には以下のように書かれてました。

神社は旧大和川支流の東岸近くに位置し、もとは牛頭天王(ごずてんのう)と称されていました。創建年代は不明ですが、祭神は須佐之男命(すさのおのみこと)です。伝えによれば、天正の頃、石山合戦により村落とともに消失したと伝えられています。その後、慶長5年に片桐且元(かたぎりかつもと)より社地を拝領し社殿を再建したと宮の記録に記されています。明治5年に現在の社名に変わりました。境内には文化二年(1805)の手水鉢、旧社名の牛頭天皇宮と刻む享保十三年(1728)の燈籠、文政十一年(1828)の狛犬等があります。また、境内には旧大和川支流の堤防上に生えていた樹木が数本残り、いずれも堤防の土が取り去られたため、土中にあった根が浮き上がっています。
彌榮神社(いやさかじんじゃ)北側の一段高いところは、中小坂の村落を洪水から守るために築かれた堤の跡です。大坂夏の陣のとき、若江で陣を張っていた豊臣方の武将木村重成が大坂城の救援に向かいここまで来たとき、大坂城が炎に包まれていたため、馬の上に立って大坂城に別れを告げ、再び若江に戻って戦死しました。このことからここを馬立(うまんたて)と呼ぶようになったと言われています。


P6020482
P6020482 posted by (C)fronte360

ここで、携帯電話が鳴って、奥さんの仕事が終わったそうです。
家を出た時間が遅かったので仕方ないですね。

P6020485
P6020485 posted by (C)fronte360

足早に司馬遼太郎記念館の前を通りすぎて、帰路としました。
また探検しに来ようと思います。

.

posted by fronte360 at 05:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 12-大阪散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
懐かしいなんてものではありません。
彌榮神社は何十年か前は境内に貸し駐車場もなくて
かなりの広さでした。
実はこのお宮、祖母の実家です。
まさかブログで小阪や八戸ノ里近辺の事が見れるなんて
と驚くやら嬉しいやらの気分です。
ではまた。
Posted by fusk at 2012年06月07日 08:50
fusk さん、コメント有難うございます。

喜んでいただけたようで幸いです。
今日は自分の出身地に近い大阪・本町界隈に出没しましたけれども、また東大阪界隈もまた散策しようと思っていますので、今後ともよろしくお願いいたします。

ではでは・・ 
Posted by 安田裕隆 at 2012年06月09日 18:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック