最近の記事

2012年01月29日

ファブリ世界名曲集58 ラフマニノフ

年末、レコファン渋谷BEAM店より救出したファブリ世界名曲集より

IMGP7284
IMGP7284 posted by (C)fronte360

●ピアノ協奏曲 第2番
   フェリーシア・ブルメンタール(p)
   ミヒャエル・ギーレン指揮ウィーン国立歌劇場管弦楽団

ブルメンタールの演奏なので捕獲したレコードですが、これはいいです。
グリーグの時のような乗り切れない感じはあまりしませんし、迫力あります。

そして何より伴奏がいいです。 ストイックな感じです。
若きミヒャエル・ギーレンの鋭さ、それが満ちているせいでしょうか、
ブルメンタールの演奏もまた相当に気合入っているようにも思えてきます。

本文「世紀末ロシアの響き」も、黒田恭一氏の明快な文章。
すっと入ってくる感じ、理解しやすいのが、何よりいいですね。

.

posted by fronte360 at 08:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 12-LP/CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
安田さん

 ミヒャエル・ギーレン!。そうですね、遠い昔、初めてハンブルグの州立歌劇場へ行った時、カルメンを指揮していましたっけ。聴衆の歓声にこちらをちょっと向いて挨拶していたあのシーン、もう10年前です。帰国してからまだ元気だった家内に話していたあの頃、ホントに懐かしいです。この人は意外にレパートリーが広く、ブルックナーでも優れた演奏を繰り広げていますね。
 ブルメンタールという人は、実は初耳なんですが、知られた人なんですか?
Posted by 安倍禮爾 at 2012年01月30日 20:16
安倍禮爾さん、コメント有難うございます。

ギーレンは作曲家らしく、勢いとかノリではなく、分析的で理知的な音楽が面白いですよね。 特に大編成のオケ曲で真価を発揮するように思います。

ブルメンタールは、どちらかというと雰囲気で聴かせるタイプではないかと思います。
ポーランド出身で、戦火を逃れるためにブラジルに移住して国籍を取得していて、当方はまだ聴いたことありませんが、南米の現代音楽の紹介も積極的にされていたようですね。

当方は、1993年に徳間ジャパンより復刻されたトリオ・レコードのシリーズによるモーツァルトのピアノ協奏曲からのお付き合いになります。

ジャケット写真は、藤田嗣治によるものだそうです。

http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/LOVELOG_IMG/tkcz79232.jpg

Posted by 安田裕隆 at 2012年01月31日 21:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック