最近の記事

2011年11月30日

高知・佐川町といえば、青山文庫

幕末維新の頃、高知=土佐といえば、坂本龍馬に中岡慎太郎が有名ですが・・・

土佐勤王党に加盟、脱藩したのち、中岡慎太郎の陸援隊で彼を補佐し、
維新後の新政府では宮内大臣になったのが、佐川出身の田中光顕なのですね。
その彼が基金と蔵書を寄贈したのが、青山文庫

IMGP6683
IMGP6683 posted by (C)fronte360

ここに行くのに司牡丹の酒蔵通りを抜けて進むのですよ。
そして、見えてきました青山文庫。

IMGP6684
IMGP6684 posted by (C)fronte360

文庫ですが、ここは博物館で、幕末の志士たちの墨筆が充実しています。

IMGP6685
IMGP6685 posted by (C)fronte360

というのも田中光顕さん、維新後に困窮する元志士たちの子息の救済も含め、
これらを買い集め、志士たちの顕彰にも努めたのでした。

IMGP6686
IMGP6686 posted by (C)fronte360

あいにくと中の写真撮影はご法度で、お見せできないのは残念ですけれど、
複製ではない実物が、何気なく沢山とあって、驚きますね。

IMGP6689
IMGP6689 posted by (C)fronte360

ここ、昨年6月に訪れたとき、
月曜の閉館日で締まっていて、とても残念な思いをしましたけれど、
今回は「竜馬がゆく」も読了してますので、ちょっとした幕末ファンとなり、
より深く鑑賞することができたのが良かったと思います。

IMGP6688
IMGP6688 posted by (C)fronte360

マニアックな幕末ファンにはたまらない所でしょうね。

 ●

今日で11月も終わりで、月末月初の決算対応中ですが、
昨夜は、倉庫システムの移行リハーサルに立ち会ったことより
田端駅に戻ってきたのが、午前0時、午前さま帰宅となってしまいました。

ふぅ〜、帰ってこれただけ幸いだったと思って、今日も頑張りましょう。

.

posted by fronte360 at 05:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 11〜12-散歩(全般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック