最近の記事

2011年10月30日

茗荷谷、藤坂・藤寺(伝明寺)

このところサボってましたが、土曜日、久しぶりに歩きましたよ。
ということで、お散歩記録をこれから数回アップロードしたいと思います。

なんとなく護国寺へ行く予定でしたが、播磨坂を登りきって春日通りの交差点、
ここで通りを横切って、向こう側に急な坂道があったので、降りてみました。
ここは初めての道になります。

IMGP6398
IMGP6398 posted by (C)fronte360

降りきると「藤坂(富士坂・禿坂)」のプレートがありました。
以下はプレートに書かれていた内容です。

「藤坂は箪笥町より茗荷谷へ下る坂なり、藤寺のかたはらなればかくいへり、」(『改撰江戸志』)藤寺とは坂下の曹洞宗伝明寺である。
『東京名所図会』には、寺伝として「慶安三年寅年(1650)閏十月二十七日、三代将軍徳川家光は、牛込高田田辺御放鷹(鷹狩のこと)御成の時、帰りの道筋、この寺に立ち寄り、庭一面に藤のあるのを見て、これこそ藤寺なりと上意があり」との記事があり、藤寺と呼ぶようになった。
昔は、この坂から富士山が望まれたので、富士坂ともいわれた。
『続江戸砂子』い、「清水谷は小日向の谷なり。むかしここに清水が湧き出した」とある。また、ここの伝明寺には銘木の藤あり。一帯は湿地で、禿(河童)がいて、禿坂ともいわれた。
   藤寺のみさかをゆけば清水谷
      清水ながれて蕗の苔もゆ (金子薫園)


そして、脇には藤寺こと伝明寺が今もあって

IMGP6406
IMGP6406 posted by (C)fronte360

なんと立派な庚申塔が立ってますよ。 嬉しいなぁ。

IMGP6400
IMGP6400 posted by (C)fronte360

清水は、坂の上に高層マンションが建ったせいか、涸れてしまったようです。

IMGP6401
IMGP6401 posted by (C)fronte360

こじんまりとした境内には、いくつかの石仏が鎮座しています。

IMGP6402
IMGP6402 posted by (C)fronte360

なんとなく落ち着いた風情のあるお寺ですね。

IMGP6404
IMGP6404 posted by (C)fronte360

ここを出て地下鉄丸の内線のガード下をくぐり、
そうここは地上を地下鉄が走ってまして、拓殖大学方面へと向かいます。

.

posted by fronte360 at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 08〜12-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック