最近の記事

2011年07月30日

菊坂あたり

日曜日、ほおづき市の、こんにゃくゑんま、源覚寺を出て菊坂を登ります。
振り返ると伊勢屋質店の蔵、樋口一葉が通ったそのままに残っています。

IMGP5754
IMGP5754 posted by (C)fronte360

よく通ったからでしょう、一葉へのお香典に「金壱円伊勢屋」とあるそうです。
そして菊坂上道から下道へと下り、更に奥まったところにあるのが、この井戸

IMGP5759
IMGP5759 posted by (C)fronte360

樋口一葉が使ったであろう、路地の奥にある井戸です。
一葉、十八歳、父の死後は母妹の戸主として、着物の洗い張りや針仕事をし、
この井戸も使っていたことと思われます。

IMGP5763
IMGP5763 posted by (C)fronte360

このあたりは関東大震災の火災や第二次大戦の戦災にも遭わなかったので、
明治の風情がいまだ残っているところです。

.

posted by fronte360 at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 08〜12-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック