2011年07月12日

東覚寺

土曜日、田端富士のあとは、田端八幡神社の別当寺だった東覚寺へ。
真新しいのは、区画整理で建て替えられたためですね。

IMGP5551
IMGP5551 posted by (C)fronte360

赤紙仁王尊(阿像)

IMGP5519
IMGP5519 posted by (C)fronte360

赤紙仁王(吽像)

IMGP5520
IMGP5520 posted by (C)fronte360

阿像・吽像といっても赤紙だらけで、どっちがどっちかよく分かりませんが、
赤紙(魔悪を焼除する火の色)を自分の患部と同じ箇所に貼り、
病気身代わりと、身心安穏を願うと叶うとのこと。

治癒すると、阿像の後方に写っているように、お礼に草鞋を供えます。
寛永18年(1642年)より露仏として立っているそうです。 霊験あるのですね。

IMGP5518
IMGP5518 posted by (C)fronte360
(↑ 写真をクリックしてゆくと大きなサイズにして解説も読めます)

さて、境内に入ってみると、庚申塔があります。

IMGP5524
IMGP5524 posted by (C)fronte360

拡大すると、なかなか強そうな像です。
享保三戌と書かれてますので、1719年の建立ですね。

IMGP5523
IMGP5523 posted by (C)fronte360

本堂

IMGP5525
IMGP5525 posted by (C)fronte360

境内

IMGP5526
IMGP5526 posted by (C)fronte360

今もなお参詣者が遠近から集まり 香煙が絶えないお寺です。

.


posted by fronte360 at 05:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 08〜12-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック