2011年07月03日

カラヤン、マーラー/交響曲第9番

節電の夏、それに反して、サンスイのアンプに久しぶりに灯を入れました。
このご時勢、中国製のデジタルアンプが良いのでしょうけれども・・・

それはともかく先日の帰省時に持ってきたカラヤン指揮ベルリン・フィルの
マーラーの交響曲第9番を聴いています。

IMGP5514
IMGP5514 posted by (C)fronte360

1979年10月バーンスタインがベルリン・フィルを振った伝説のマーラーの第9、
その直後の11月から翌年にかけて録音されたカラヤンのマーラーの第9、
スタジオ録音によるものですね。

当時はアンチ・カラヤンでしたし、レギュラー盤レコードなんて買えなくて、
後年中古で入手したレコードですが、けっこう気に入っていたりします。
こちらも他のカラヤンのマーラーと同じく、とても美しい演奏ですね。

バーンスタイン、かつてはファンでしたけれど、今は?が付いていて、
マーラーの第9も図書館で借りて聴きましたが、やはり大きな?マーク・・・
やんちゃ坊主が良くなる楽器を手にしたと言っては言い過ぎでしょうけれど、
とても疲れてしまうのです。

それに比してカラヤンのは磨かれた美しさと馬力が共存していて、
曲の世界にすっと入ってゆけるのです。

この曲については、ノイマンがチェコフィルを振ったのが好きで、
1982年録音と1995年録音のもの、両方とも大好きで、ともに理知的な演奏で、
そしてチェコフィル特有の艶のある低音金管楽器が惚れ惚れとするほど、
とても美しい演奏ですよね。

このカラヤン盤、もうちょっと打楽器にリズミカルな感じが欲しい・・・
そんな感じもしますれど、整った美しさ、これに尽きます。

.

posted by fronte360 at 17:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 11〜12-LP/CD/DVD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カラヤン盤、私の持っているのはライブ録音のほうですが、一時期、特に気に入っていて、そればかり聴いていました。ノイマンでよく聴くのは、弟の遺品ですが、ゲヴァントハウス管と組んだ録音です。チェコフィルのは未聴なので、興味が募りますね。聴いてみたいです。
この曲は私の気質に合っているのか、好きな演奏が多いのですが、聴く機会がも最も多いのは、孤高とも言えるクレンペラー盤でしょうか。カラヤン、ノイマン、クレンペラー、いずれも硬質のマーラーですね。
あと、ワルターのはこれらの演奏とは明らかに傾向が違いますが、やはりはずせないですね。私は、有名なウィーンフィル盤より、最晩年のコロムビア響のを採りたいです。フィナーレの冒頭で、分厚い弦が、高貴に朗々と歌いはじめるのを聴くと、ウィーン盤で表現できなかった、柔らかな光につつまれた、肯定的で明るい響きが感じられ、いつも心を打たれるのですが・・・。

ところで余談ですが、このLPのジャケットのデザイン、いかにもカラヤン好みですね。この時期のベートーヴェンやブルックナーの一連のLP、こんな感じのジャケットが多かったような気がします。
Posted by 由良 at 2011年07月04日 00:04
由良さん、コメントありがとうございます。

ノイマンがゲヴァントハウスを振った一連のマーラーは、若いノイマンの気骨ある演奏で惹きつけられますね。 ゆらむぼさんのお勧めで当方も買い求めたものでした。

チェコフィルとの演奏は、全般に理知的な落ち着いたアプローチですね。 面白みをあまり感じないものもありますが、マーラーの第9については、ノイマン自身の共感もあるのでしょうか(1995年録音の解説には珍しくこだわって録音されたのだと書かれていました)惹かれていたりします。

実は先週末もこの1995年の演奏を聴いて出勤していたので、その流れでカラヤンのも聴いていたのでした。
さて、今日も待機勤務が続きます。 いつものこととは言え、少々憂鬱な朝ですわ。 では〜
Posted by 安田裕隆 at 2011年07月04日 05:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック