2011年07月01日

法真寺・境内

法真寺の境内、お堂に向かって左手奥。
腰衣観音さまの裏手の小さな祠の中に子安地蔵尊がいらっしゃいます。

IMGP5380
IMGP5380 posted by (C)fronte360

「武蔵風土記」によると弘法大師(空海)の作と伝えられているそうです。

IMGP5382
IMGP5382 posted by (C)fronte360

暗くて、お顔はよく分かりませんが、この祠の前に置かれている石の台、
そこに施されている蓮の彫刻が伸びやかで素敵ですね。

IMGP5383
IMGP5383 posted by (C)fronte360

そしてこの場所から腰衣観音さまを見上げたあと、
ふっとその台座にあったこの石仏が何か語りかけてくるようでした。
「幻秋童女妙忍信」・・・少女の墓標でしょうか、ちょっと調べてました。

IMGP5385
IMGP5385 posted by (C)fronte360

「宝暦三酉八月十七日」 宝暦三年は酉年で、西暦にすると1753年。
「明和七」のあとは「年」でしょうか、調べると寅年なので「寅」なのかも、
西暦は1770年でしたので、この間17年。 享年17歳だったのかしら・・・
江戸時代の17歳で「童女」とはちょっと腑に落ちませんが、どうでしょうか。

この他にも台座を取り巻く石仏たちがいらっしゃいます。

IMGP5377
IMGP5377 posted by (C)fronte360

そして境内にもこのように石仏が沢山。

IMGP5379
IMGP5379 posted by (C)fronte360

ひとつひとつ丹念に見ていくとさぞかし面白いかもしれませんが、
ちょっと気が遠くなることも事実。 そろそろお暇することにしました。

IMGP5390
IMGP5390 posted by (C)fronte360

法真寺会館前には紫陽花が咲いていました。

.
posted by fronte360 at 05:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 08〜12-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック