2011年03月27日

<ベニスの愛> ジャズとバロックの対話

年度末決算前の貴重な休日の締めのひととき

IMGP4063
IMGP4063 posted by (C)fronte360

スイングル・シンガーズがバロックの小品を歌ったあとに原曲の演奏を続ける
1976年に発売された『<ベニスの愛>〜ジャズとバロックの対話』
グロリア・シリーズ200万枚突破記念の1000円盤です。

スィングル・シンガーズといっても今の人は知らないかもしれませんが、
スキャットでダバダバと歌うフランスのジャズ・コーラス・グループですね。
1970年頃には大いに人気があったので同年代の方ならご存じだと思います。

一体感のある素晴らしいコーラスに、
作曲家ミシェル・ルグランの妹クリスティーヌ・ルグランによる透明なソプラノ、
魅力的な団体でしたが、リーダのウォード・スイングルも引退したそうですけど、
今でもグループ自体はイギリスで健在だそうです。

それはともかく、基本的に原曲に忠実、そして驚異的なコーラス・センス、
クラシック演奏を耳にしてもスィングル・シンガーズは色褪せません。 凄い。

.

posted by fronte360 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 11〜12-LP/CD/DVD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック