最近の記事

2011年01月01日

今年も大仏殿にお参り

新しい年が明けました。
あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いします。

一昨年は一家4人、昨年は夫婦2人、今年は長女が加わった3人の初詣は

IMGP3323
IMGP3323 posted by (C)fronte360

東大寺大仏殿。
いかにも奈良らしい所への初詣も、今年で3年目となりました。

でも、例年とちょっと違うのが・・・

IMGP3321
IMGP3321 posted by (C)fronte360

八角燈籠が、東京国立博物館に出張後に、修理に出て、今は無いことですね。
酸性雨の影響で、内部に腐食が進んでしまったそうです。

大仏殿は2度兵火によって焼けていますが、この燈籠は創建時のままで残り、
扉に表された優美な音声菩薩の姿は天平文化の優れた逸品なのでした。

今年春には戻ってくるようなので、その頃にまた来てみましょう。

IMGP3325
IMGP3325 posted by (C)fronte360

でも、八角燈籠のない大仏殿のほうが、ちょっと珍しいかも。

.
posted by fronte360 at 15:15| Comment(5) | TrackBack(0) | 11〜12-散歩(全般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
安田さん

 初詣が東大寺とは!、流石に奈良の方ですね!、何と豪華な!。私は喪中なので初詣は無しですが、今日は家内の法要をしていただいたお寺に「元旦会」に行ってきました。以前はお寺などに行ったこともなかったのですが、最近は法話会、そして新年会など、足を運んでいます。
 八角燈篭のない様子(あるいはその跡?)は、やっぱり何かちょっとヘンな感じですね。昔、初めて家族でベルリンへ行った時、ブランデンブルグ門の上の馬車が、修理の為に(?)、外されていて、家内と「あれ?、こりゃブランデンブルグ門じゃないだろ?」などということになって、可笑しかったのを思い出しますね。その後馬車は帰ってきて、八角燈篭も、ほどなく戻ることでしょうね。
Posted by 安倍禮爾 at 2011年01月01日 18:11
安倍禮爾さん、新年早々にコメントありがとうございます。

奈良市内での初詣なら、春日大社へ詣でるのが一般的ではないか、と思います。 奈良公園の鹿も、春日大社の神さまの使徒ですものね(鹿は、放し飼いや餌付けされているのではなく、野生の鹿ですね)。 参道を歩くと、森閑とした雰囲気に心改まる思いがするものです。 が、手前にある大仏さまにおまいりして戻ってくるのが、昨年・今年のパターンとなってしまいました。

神さまは、頑張る自分を支えてくれる存在だそうで、頭を垂れ、一所懸命頑張るのでお助けください、と祈るのが礼儀(?)とか。

仏さまは、自分も含めいつも衆生広く助けくださっているので、頭を垂れ、いつもお助けくださって有難うございます、とまず感謝したのち、願いを捧げるのだそうですね。

知っていてもなかなか出来てないのが自分らしいところで・・でもそれも許してくれるのが大仏さまであるような気もしてます(苦笑)


Posted by 安田裕隆 at 2011年01月02日 07:57
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。
東大寺に行ったのは小学校の修学旅行のときなので、もう四十年前ですね。八角燈籠がどんな感じのものだったかも忘れてしまいました・・・。もうオジサンになってしまった今、お参りしたら随分と印象も変わるかもしれませんね。
私のほうはここ数年、初詣は自宅のすぐ目の前にある石戸神社に参詣しております。神社といっても、一メートル四方もない小さな祠が、山すその森の口にひっそりとあるだけなんですけど。雪の積もった参道(というよりあぜ道のようなものですが)をキュッキュッと踏みしめ、わずかばかりのお賽銭を投げ入れてきました。
みんなが幸福な年になるといいですね。
Posted by 由良 at 2011年01月02日 10:02
由良さん、あけましておめでとうございます。

東大寺大仏殿、奈良に移り住んで20年近くになりますが、大仏殿に薫風という線香があるのを教えてくれたのが、ゆらむぼさんです。 その時以来、当方も事あるごとに大仏殿に足を運んでいるような次第です。 これも縁というものだと思っています。

こちらこそ、本年もどうぞよろしくお願い致します。
Posted by 安田裕隆 at 2011年01月03日 22:18
安田さん

 なるほど!、神様と仏様への、こちらのあり方の違い、そういうことでしたか!。大変参考になりました。今後、そういうことで実践しましょう。
Posted by 安倍禮爾 at 2011年01月04日 13:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック