2010年12月08日

東京国立近代美術館・工芸館

日曜日、東御苑を抜けて東京国立近代美術館へ
歩道橋の上で、ふっと思い立ち、まず工芸館に行ってみることにしました。

IMGP3145
IMGP3145 posted by (C)fronte360

いつも本館で、たっぷりと鑑賞して疲れきってしまうので、
工芸館までなかなか足が延びないのですね。 ここも第1月曜は無料公開です。

IMGP3146
IMGP3146 posted by (C)fronte360

近衛師団司令部庁舎は、煉瓦造の2階建で、
正面に八角形の塔屋、両翼に張出しのあるゴシック様式。
明治末期の日本人による設計の建造物だそうです。 重要文化財ですね。



「現代の人形」という展示をやっていて、
お目当ての四谷シモンの「解剖学の少年」もありました。
このような建物の中で見る人形の数々、想像力をかきたてるものがありますよ。

.

posted by fronte360 at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 08〜12-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック