最近の記事

2010年11月09日

ショルティ、シューマン/交響曲全集

またもやの感のあるシューマンの交響曲全集ですが、これは面白かったなぁ。

土曜日に本駒込図書館で借りたものですが、お恥ずかしながら、
ショルティにシューマンの交響曲の録音があったなんて気付きませんでした。

uccd3768.jpgいろいろな録音を聴いているのですが、
ショルティらしいストレートな強引さと、
造形的なシューマンの音楽が噛み合っていて、

しかもウィーンフィルが美しくもパワフルで、
弦の美しさも特筆すべきでしょうが、
金管の咆哮がまた耳を惹きます。

uccd3769.jpg1967,1969年録音だから
1912年生まれのショルティの壮年期であって
1969年、シカゴ響の音楽監督に就任した年でもあり
まさに絶頂期を迎える直前でしょうか。

自信に漲り、ウィーンフィルをドライブしている、
そんな感じがします。

そして、一つの音符もおろそかにしない、そんな姿勢も感じられます。
聴きなれたラインの第1楽章でも、裏でこんな管楽器が鳴っていたのか、
とか、弦のフレーズにこんなのがあったのかなどと、新たな発見もあって、
4曲それぞれに楽しめました。

シューマンの音楽がこれほどまでに造形感をもって美しく、しかも力強い。
ショルティらしいパワフルな音楽とウィーンフィルの弾力ある響き、
これががっぷりと四つを組んだマッシブなシューマンの交響曲。

好みが分かれるところかもしれませんが、これは好きですね。
いいもの(録音)を発見した、そんな気持ちです。

.

posted by fronte360 at 05:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜10-CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック