2010年11月02日

池上本門寺、仁王門と鐘楼

池上本門寺の散策に話を戻しましょう。

これまで書いているとおり、本門寺境内には五重塔の辺りより入りました。
改めて、そこから大殿を見るとこんな感じです。

IMGP2832
IMGP2832 posted by (C)fronte360

そして心を改めて、真正面にある仁王門の前まで戻りましょう。

IMGP2837
IMGP2837 posted by (C)fronte360

しかし、いつも東大寺・大仏殿前の南大門を抜けているので・・・
すみません仁王さまには言及せずに、ここより大殿を臨んでみましょう。

IMGP2844
IMGP2844 posted by (C)fronte360

仁王門を抜けた左に鐘楼がありますが・・ その前にも鐘が置いてあります。

IMGP2849
IMGP2849 posted by (C)fronte360

正徳4年(1714年)のものだそうですが、
やはり空襲で火をかぶってしまい、亀裂と歪みが生じたのだとか・・・
よって傍らに置いてあるそうです。

IMGP2848
IMGP2848 posted by (C)fronte360

江戸前期の代表的な形態だそうで、確かに雄大かつ豪快重厚な感じがします。

.

posted by fronte360 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 08〜12-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック