最近の記事

2010年10月28日

高徳(たかのり)、いただきました

日本酒の酒米として有名な山田錦を使ったお酒「高徳」、しかも吟醸酒。
これが届いたとき、すでに出来上がりかけていたので・・・
思案しましたが、試飲すると、軽やかな吟醸香。
ありがとうございました。

IMGP2889
IMGP2889 posted by (C)fronte360

今宵はこれをメインに、鰹のタタキなど、久々に豪華な食卓となりました。
といっても、最近ダイエットもしてましたし、緊縮財政でもあって
ロクなもの口にしていないこともありますがね・・・

IMGP2891
IMGP2891 posted by (C)fronte360

とにかく「高徳」、軽い芳醇さがいいですね。
ツウの酒は辛口、そう言われますけれども、よく熟したお酒はほの甘く、
成熟によるおだやかな味わいこそ、お酒本来の成熟を味わっているのだと
このところそう思っていたりします。

IMGP2894
IMGP2894 posted by (C)fronte360

そして今宵はゆらむぼさんを偲び、「薫風」も炊いてみました。
本当にありがたいことです。

.

posted by fronte360 at 22:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 10-全般(その他諸々) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前は端麗でシャープな酒、透明感のある辛口の酒を好みましたが、最近はしっかり米の旨みを感じさせる酒、気品があって深みのある酒が好きになりました。山田錦を使った酒はそんな感じの酒が多いように思うのですが・・・。
・・・といいつつ、今夜は「どんとこい」という酒米でつくったかなり甘口で軽快な「播州平野」という酒(本醸造)をぬる燗にしていただきました。まあ、呑み助は、いろんなタイプのお酒を楽しみたいというのが、本音なのかもしれませんね(^^)
Posted by 由良 at 2010年10月29日 00:01
由良さん、コメントありがとうございます。

おっしゃられるとおり、呑み助は、色々なお酒を色々なこと言いながら呑むものですね。 当方など、最後はアルコールが入ってさえいれば・・・という感じですけれども (>_<)

昨夜は月末の夜間待機だったので23時前に帰宅、さっそく「高徳」を一口二口味わって(封を開けたときの香りもよいですね、うきうきします)、しかしあとは安酒にして、大切に頂いております。

ようやく週末を迎えたところですが、来週は月初の深夜勤務でホテル泊。 なんか気が重い週末ですし、台風なので外出を控え、音楽を聴きながらお酒をいただきましょう。 

気楽な単身生活、酒は友、であります。 
Posted by 安田裕隆 at 2010年10月30日 09:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック