最近の記事

2010年10月23日

西島三重子、「Bye-Bye」(1981年)

池上本門寺に行ってきたこともあって、
「池上線」を歌っていた西島三重子さんの黒い円盤「Bye-Bye」をかけました。

1976年、「池上線」をヒットさせた西島三重子さんですが、
このアルバムは、1981年、テイチク・コンチネンタルレコード移籍第1弾で
ニューミュジック系統に分類されるように思います。

hl2007.JPG冒頭の「Lonely Girl」「Bye-Bye」のみ
西島三重子さんが共同作詩し、
全曲、門谷謙二作詩/西島三重子作曲

全10曲、すべて別れ歌となっています。
晩秋にふさわしい選曲でしょうか。

細やかな心情を描く門谷氏の詩と、
その心の襞をゆったりと歌う西島三重子さん、それがマッチした名作ですね。

冒頭の「Lonely Girl」と、ラストの「One O'clock Rhapsody」
どの曲も素晴らしいですが、これらはしみじみとした素晴らしい作品です。

「手をふればさよなら」「面影通り」「あきらめてサンバ」
「いらいらトワイライト」「Because」「愛にながされて」

根暗かもしれませんが、好きです・・・  西島三重子さんの「Bye-Bye」

.
posted by fronte360 at 19:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 05〜10-JPOP音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、与太です。
70年代のシンガーソングライターの女性達、みな懐かしいですね。ちょうど学生時代にあたるせいか、いろんなことと重なります。私も今夜、丸山圭子と豊島たづみのアルバムを久々に聴きました。同じシンガーソングライターでも、その少しあとの八神純子や石川優子とは路線が違いますよね。私も根暗路線だったのかな。
Posted by マエストロ・与太 at 2010年10月24日 23:55
マエストロ・与太さん、コメントありがとうございます。

丸山圭子、豊島たづみ・・・懐かしい名前ですね。 当方、この方たちのレコードは持っていませんが、やまがたすみこさん、密かに気に入っていたりします。 井上鑑さんの奥さんになって、今でも地道な活動を続けておられるようですよ。

Posted by 安田裕隆 at 2010年10月25日 21:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック