2010年08月19日

都立旧岩崎邸庭園

上野公園にほど近く、不忍池の向こう側、池之端にある旧岩崎邸庭園
ここも14日に行ってきました。

1896年(明治29年)に三菱創設者・岩崎家本邸として
英国人ジョサイア・コンドルによって設計されたものだそうです。
現在は、都立の庭園。 入場料は400円でした。

100814_iwasaki.jpgまず本館ともいえる洋館

靴を脱いでレジ袋に入れるようにとのこと、
ちょっと歩いたので、靴を脱いだ足の裏に、
絨毯が妙に気持ち良い感じ。

凝った部屋に、立派な調度類、
柱の並んだベランダなど、立派なお屋敷です。

また西洋建築とはいえ、日本向きなのでしょうか、
どこも風通し良さそうな造りなんですけれども・・・

明治時代はこんなに暑くなかったんでしょう。
もとより冷房装置はありませんから、貸し出し用のウチワが置いてあって、
皆さん、パタパタと扇ぎながらの見学でした。

ぐるっと見て回っていると、自然と棟続きの和室へと続きます。
ここは書院造りを基調にされているそうです。

とにかく暑いので、和室にあるお茶席でしばし休憩。
かき氷の宇治金時を600円を頂き、ちょっと復活しました。

芝生の庭を通って、撞球室(ビリヤード場)
ここはスイスの山小屋風で、洋館から地下道でつながっているとのことでした。

東京は大阪と違って緑の庭園が多いですねぇ。



.

posted by fronte360 at 05:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 08〜12-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック