最近の記事

2010年07月31日

渡辺貞夫、カリフォルニア・シャワー

昼食時に、ビール(まがい物)で喉を潤したあと
焼酎のロック(ダブルサイズかな)を頂いてテレビを見、しばし午睡 zzz...
言い訳ですけれど、こうでもしないと睡眠不足の解消はままならないのですわ。

1時間弱だったでしょうか、それでも昼からの散歩も辞めて休養、
夕方に、田端銀座から霜降銀座まで足を伸ばした程度で戻って着ました。
それでも1時間ほどウロウロしていたことになりますが・・・
田端近辺は商店街が面白くて、アキません。

さて、夕食は、半額になっていたカレイの縁側の刺身に、
最近のお気に入りで買った、茗荷、冷奴にたっぷりとのせていただきました。

茗荷、なんともいえないスパイシーな日本の味覚ですよね。
茗荷を食べると、物忘れが酷くなる、なんて言いますけどね、好きですよ。
この時期だけの味わい、というのも心踊らされます。

正直に言うと、子供のころ、茗荷や茄子の美味しさが分かりませんでしたが、
この年齢になったせいでしょうか、無性に食べたくなるときがあります。

さて、お腹も満たされましたが、テレビは相変わらず面白くなくて・・・
ステレオ・アンプに火を入れ、黒い円盤のレコードを回してます。

vij6012.jpg今宵はナベサダこと渡辺貞夫の
「カリフォルニア・シャワー」

1978年に100万枚以上をリリースした
ジャズ=フュージョンの名作アルバムです。

資生堂の男性化粧品「ブラバス」
このCMでお馴染みの方も多いのではないかな。

デイブ・グルーシンのイントロに、よく歌うナベサダのアルト・サックス、
爽やかな風が吹くような感じです。

でも、これが流行っていた当時、
軽い音楽として、積極的に聴こうとは思いませんでしたけれど・・・
そんな肩肘張ったことを言わず、気軽に音楽として楽しむのに良いアルバム、
そんな風に思えたのは、ここ数年のことじゃないかしら。

肩の力を抜いて、やっていきまっしょい。

.

posted by fronte360 at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 08〜12-POPs(洋楽)全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
安田さん

 ナベサダ!、今や通にしかわからないコトバの一つなのでは?。昔、学生時代に大学際運営委員をやっていて、この人たちが破格の安値で来てくれました。やっぱ、普通の人たちじゃなくて、凄い、「私の」目から見て立派な人たちでしたよ。
 「茗荷」は、うどん他、必須の物件ですね。安田さんにとっても有益な食べ物だと思いますよ。
 なお、余談ですが、最近のテレビ、本当につまんない!。野球中継で、巨人戦でも構わないから、やってくれればまだマシですね。巨人が勝っても我慢しますよ。
Posted by 安倍禮爾 at 2010年07月31日 23:57
安倍禮爾さん、コメントありがとうございます。

ナベサダ、最近名前を聞かないのですが、まだまだ現役で活動していらっしゃるようですね。 来年は国立音楽大学で客員教授としてジャズの講義時間をもたれるようです。

茗荷、冥加(知らないうちに受ける神仏の加護)と語呂がいっしょなので縁起のよい食べ物らしいです。
茄子ともども、実家に居たときには母が料理して出してましたが、結婚すると食卓にのぼらないんですね。 もともと好きではなかったこともあります。
一人暮らしをすると、食のバリエーションが限られてくるので・・・ 時々、昔のことを思い出して、茗荷や茄子を買って食すると、その美味しさを再発見。
一人暮らしをそれなりに楽しんでおります。
Posted by 安田裕隆 at 2010年08月01日 09:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック