最近の記事

2010年07月31日

ようやく入手できました、時計工具16点セット

一昨日夜、福山通運の不在連絡票が入ってましたが
当日配達は17時までに連絡せい、というご無体な但し書きがあって
(佐川なら20時まで連絡で21時半を過ぎても再配達してくれるのですけどね)
先ほど、ようやく受け取ることが出来ました。

ネット通販で捕獲した「時計工具16点セット」 送料込み1,480円 です。

100731_01.jpg

実は、自分へのプレゼントとして買ったウェンガーの時計ですが、
バックルの留め金が壊れたので返送したら、新しいのを送ってきたのでした。
またベルトの駒詰めで 1,000円 近く使うのなら・・・ と捕獲したしだい。
しかもポイント使ったので、タダで捕獲できましたものね。

100731_02.jpg

さっそく、ベルトの矢印↑の方向に、この工具でピンを抜き

100731_03.jpg

抜いた方法と逆、矢印↑の方向からピンを差し込んでハンマーで打ちみます。
このとき、ピンの上下にも注意する必要があります。

100731_04.jpg

要は、抜いた方向を覚えておき、またそのとおり組み立てるだけですけどね。
簡単にできあがりました。

一生に何度も使う工具ではないけど、心ときめくものを感じます。
やっぱり機械モノが好きなんですね。

しっかし、ウェンガーの時計
ミリタリィ(MILITALY)軍用と書いてますが、
1ヶ月程でバックルの留め金のピンが壊れるとはね・・・
この時計とは違いますが、クロノグラフでは、
衝撃で秒針の0秒の位置がズレたりもするそうです。

スイス軍の実力、この程度かと思う反面、それで良い、と思ってもみたり。
とにかく、腕時計の復活、よかった・よかった。

.

posted by fronte360 at 13:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 10-全般(その他諸々) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
安田さん

 これは結構マニアックなのでは?。時計の調整までご自分でされるとすると、専門家の一歩手前なのでは?
Posted by 安倍禮爾 at 2010年07月31日 23:59
安部禮爾さん、コメントありがとうございます。

時計の金属ベルトの調整など、自宅では手元にある工具を駆使して自力でやっていましたけど、こちらには元々工具類が少ないので、キットを買ってしまいました。
キットなので、ピンセットや精密ドライバーなど、基本的な工具も含まれているので、あれこれと使えそうです。

学生時代は、自動車部に所属していて(クラブ活動です)、自動車エンジンの積み替えも自分一人でやったことありますが、基本は「外した時と同じように組み立てる」ですね。 専用工具が必要なので、そういった工具類には特に愛着を感じていたりします。

単なる機械好きなんです。
Posted by 安田裕隆 at 2010年08月01日 09:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック