最近の記事

2010年04月29日

ルドルフ・ケンペ、ブラームス/交響曲第1番

ルドルフ・ケンペ指揮ミュンヘン・フィルによるブラームスの交響曲第1番

44_2095-2.jpgこのところ、通勤時に愛用のメモリプレーヤで
ケンペのブラームス交響曲全集を聴いていますが
この交響曲第1番に魅かれてしまいました。

ブラームスの4曲ある交響曲の中で、
一番好きでない曲がこの第1番なのですけれど、
ケンペの演奏は自然体でおしつけがましさがなく
木管の歌といい、緻密な弦楽アンサンブルといい、
第4楽章での自然な高揚感もまた素晴らしくて、久々に感動しました。

惜しむらくは、1992年にPILZより出た輸入盤で少々音が痩せていることかな。
最近リマスター盤も出ているようで、ちょっと気になりますが
やはり黒い円盤のレコードでしょう。 音が良いのです。

GWの帰省で黒い円盤を持って来ようかな・・・

.

posted by fronte360 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜10-CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック