最近の記事

2010年01月30日

藤真利子、「アブラカダブラ」(1983年)

女優の藤真利子(微美杏里)さんの3枚目のアルバム

ムーンライダースを従え「MARIKOのミラクル・ラブコール"恋の呪文"
レコードの帯にそのように書かれています。

このアルバムとの出会いで、藤真利子さんの歌の魅力にとりつかれたわけで
とても懐かしいアルバムです。

当時、細野晴臣が好きで、彼が参加しているアルバムを探しては買っていて
これもそんな1枚です。
以下は「アブラカタブラ」のジャケットにあった写真たちです。

cl13-a.jpg作詞は全て微美杏里(藤真利子)
作曲は、細野晴臣、松尾一彦、鈴木慶一、
 坂本龍一、沢田研二、S.Gainsbourge
編曲は、ムーンライダースの白井良明

演奏も、ムーンライダースで、
オーボエやハープなども交えて、
凝ったバンド・サウンドを展開
いい感じです。

cl13-b.jpg藤真利子さん、
甘い声質で怪しく歌って
見事に演奏ともマッチング・・・
ちょいと先鋭的な感じで
心をくすぐります。

女優の藤真利子さんというと
当時はメインではなくサブで・・・

しかもNHKのドラマなどで
cl13-c.jpgちょっと陰があったり
貧しい農家の娘だったもした
そんなイメージなのですが、
歌の世界ではちょいと先を行ってる
そんな感じですね。

時代が追いついてこなかった・・・
そうなのかもしれませんが、
凝ってながらも、
聴きやすくもあって、
cl13-d.jpgいいアルバムなんですけどね。

なお、ご存知と思いますが
藤真利子さんのお父さまは
作家の藤原審爾さん

聖心女子大学文学部歴史社会学科卒
才媛であります。



posted by fronte360 at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜10-JPOP音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック