2010年01月22日

モーツァルト/ピアノ、クラリネット、ヴィオラのための三重奏曲

今日は昼から町田出張でそのまま帰宅しましたが
町田(しかも田舎の町田)から田端までは遠いですね、疲れました。
でも、これで一週間がようやく終わりました。

帰省、そして新大阪オフィス勤務で川崎オフィスを1日空けるとなると
それなりに仕事も溜まるし、移動疲れも重なって(昔は大丈夫でしたけど)
けっこうしんどくなるものです。 でも一週間が終わりましたよ。

いつもなら、気持ちを鼓舞するための音楽を聴いていますが・・
今宵はリラックス。
黒の角瓶(ウィスキー)、これを生のままで頂きつつ、音楽はクラシック。
しかも室内楽ですよね。
re1023re.jpg
エラート1000シリーズのレコード
渋谷BEAM店からの100円での救出品ですが
これが、また素晴らしい。

モーツァルトが
シュタットラーのために書いた三重奏曲。

通常はヴァイオリンのところがクラリネット、チェロのところがヴィオラです。

クラリネットがランスロ、ピアノはラクロワ、ヴィオラがルキアン
このレコードがリリースされた1971年当時いずれも名を成されていた方々です。

特に第1楽章が華やかさを持ちつつ穏やかで・・・
これは全曲にも言えますけれど、演奏も余裕を感じさせつつも踏込みが良くて
耳馴染みのない曲ながらも、何度も聴きたくなり、次第に惹き込まれています。

クラシック音楽は広く、そして深いものですね、
しかも、気軽に楽しめるものなんですけどね、先入観を払拭すれば・・ね。

posted by fronte360 at 21:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 06〜10-LP/LD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
安田さん

 室内楽の中でも、こういう組み合わせのものは、あまり多くないですよね。ドビュッシーをはじめとする、フランスの作曲家に、この種の室内楽がちらほらあって、聴いてみるとなかなか、心の落ち着く曲もあります。私も楽しませてもらうことがあります。
 実際、上の録音を見ると、演奏家はフランス人ですね。私の手許にあるドビュッシー他の曲も、ランパルとかオルランド弦楽四重奏団とか、やっぱりフランスの演奏家ですよ。こういう伝統があるのかもしれません。
 「黒の角瓶(ウィスキー)、これを生のままで頂きつつ、音楽はクラシック。しかも室内楽ですよね。」
 いいですねえ。私も若い頃、バーボンに凝って、お金が入るとエンシェントエイジとかバーボンデラックスとかを飲んでたもんです。飲みながら部屋で聴いていたのは1000円盤で買った、ローラン・ドゥアット指揮、スイス・イタリア語地域放送交響楽団の、ドビュッシー・小組曲、ジムノペディなどだったのを覚えています。安田さんのBQクラシックスにも載っている、パルナス・シリーズのRE-1523ですね。兄がパイヤールの盤を持っていて、聴かせてもらったら、あまりの印象の違いにびっくりしました。ドゥアットの方が趣を感じるものだと思ったものです。ただ、今聴くと、これはこれで感動しますが。
Posted by 安倍禮爾 at 2010年01月23日 11:55
安田さん、こんばんは。

>先入観を払拭すれば・・ね。

これが自分の欠点です。どうもマイナーな
作曲家を避けてしまうきらいがあります。
もっと好奇心旺盛に聴いて行かなくては。
そのためにも、本業とのバランスが大切。
でも、本業結構好きなんです。本業も
趣味もどちらも大事にしたいです。

最近、モーツァルトもレクィエム以外は
聴いていないですね。たまには「ジュピター」でも
聴いてみましょうか。またメジャーな曲
ですが(苦笑)。

どうぞ、よろしくお願いいたします。
Posted by 岩崎 高宗 at 2010年01月23日 20:03
安倍禮爾さん、コメントありがとうございます。

エンシェントエイジ、AAって書いてあるものですよね。かつてよく飲んでましたよ。
ポーランドのウォッカでズブロッカとか、アルコール度数の強いハードリカーが好きでしたけど、だんだんと弱くなってしまうものですね。
昨夜も黒角を飲みながら昇天してしまい・・・ さっき蘇生しました。一人暮らしの気軽さというか、侘しさが似合う年齢になってしまいましたね。

音楽の嗜好もまた、大曲・難曲よりも、室内楽にだんだんと興味が移っているようです。
パルナス・シリーズはフランスの musi disc などのレーベルを持ってきたもので、現役で出ていた当時は見向きもしませんでしたが、いま中古盤を漁っているとついつい手が止まります。
100円盤狙いなので、そうは発掘できませんけれど。

そういえば今年の年賀状で、ドゥアット指揮スイス・イタリア放送管弦楽団によるドビュッシーの小組曲を持っていないか、とのお問い合わせもいただきました。人気ありますね。
Posted by 安田裕隆 at 2010年01月24日 04:30
岩崎高宗さん、コメントありがとうございます。

音楽でメシ食ってるわけではなく、趣味の世界なんで、好きなものを好きなように聴くのがよろしいかと・・・

日本の・・というと大げさですが、学校で習った音楽の時間、音楽室の雰囲気、今は変わったかもしれませんけど、自分の時代はアカデミックな雰囲気でしたので、クラシック=高尚、というイメージが払拭できませんよね。

安田の場合は、ひねくれ者なので、その反動でいろいろと聴いているのかもしれませんけれど(苦笑)。

とにかくお気楽に。
Posted by 安田裕隆 at 2010年01月24日 04:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック