2009年12月23日

世田谷美術館・向井昭蔵の思想と建築

年末挨拶にて、世田谷美術館の招待券を頂きましたので、行ってきました。

091223_01.jpg向井昭蔵の思想と建築
自然の秩序を建築に

建築家向井昭蔵さんの作品を中心に
祖父で函館のハリスト教会など正教会の建築を手がけられた河村伊蔵
やはり建築家であった父の内井進の業績も踏まえ、
設計図面、写真、模型、映像などを通した展覧会でした。

学生時代、製図の授業ではカラス口で図面を引いていたこともあり
設計図面なども興味深く、見たいのですけれど
何ぶん寄る年波で目が悪く(老眼ですわ)、緻密な図面に驚くばかり。
少々疲れました。

でも世田谷区にある砧公園、広々として気持ちよかったですね。
いい天気だったし、用賀の駅から歩いて行きましたよ。
「いらか道」を辿ってゆくと到着する仕掛けになっているようです。

091223_02.jpg

そして環八通りを渡って、砧公園ですね。 初めて訪れました。

091223_03.jpg

砧大塚というものもありました。 古墳ではなく宗教行事で使われたとか

091223_04.jpg

そして世田谷美術館に到着

091223_05.jpg

この美術館も向井昭蔵の設計によるものとか

091223_06.jpg

さすがに凝ってますよ

091223_07.jpg

そしてここを後に、広々とした公園を抜けて帰路としました。

091223_08.jpg

posted by fronte360 at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 08〜12-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック