2009年11月18日

カラヤン、バルトーク/弦楽器・打楽器とチェレスタのための音楽

今日は出張先の大宮より直帰したので6時過ぎに戻ってきました。
お昼ご飯をしこたま食べたので・・・夕食は湯豆腐と熱燗でおしまい。
あとはチビチビと飲んでいて、廃人化しております。

いつもながらテレビが面白くないので、
7時過ぎより、ステレオ・アンプに火を入れて音楽鑑賞ですが、
あれこれと、つまみ聴きして、結局のところ・・・

os3104.jpgカラヤン指揮ベルリンフィルによる
バルトーク弦チェレこと
弦楽器・打楽器とチェレスタのための音楽

これに落着きました。

このレコード、日本コロムビア国内初期盤ですが
演奏もさることながら、とても音質が良くて、
ワクワクさせられながら聴いていました。

バルトーク弦楽器・打楽器とチェレスタのための音楽は、
フリッツ・ライナー指揮シカゴ交響楽団による、筋肉というか、
余計な脂肪分を削ぎ落としたような演奏に洗脳されてました。

でも、このカラヤン盤、集中力の高さもさることながら、
オケがグラマラスな響き、妖艶な感じもさせて、素晴らしいですね。
排除するようなライナーの音楽ではなく、巻き込まれてしまう・・・
そんな感じがしました。

でもって、ネットでカラヤンバルトークを調べてみると、
DGから出ているのがひっかかりますけど、こちらはEMI盤
さらに絞り込んでみると、中古レコードの販売サイトばかりですよ。

しかも数千円から、高いところだと3万円(さすがに売れてませんが)
いずれも輸入盤ですけどね、ま、こちらは国内盤。
カラヤン全曲集のCDも出たので、録音そのものの希少性など
もうないと思ってますけどね。

でも、このレコード、100円で捕獲したんですよね。
なんだか、とってもトクした気分です。
もっとも売れるとも思わないし、また売る気もありませんけど・・・

渋谷のレコファンBEAM店、ご無沙汰しているので、また行ってみようかな。
posted by fronte360 at 20:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 06〜10-LP/LD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
安田さん
 何と!実に今、晩飯の前にライナー・シカゴでこれを聴いて、今食べ終わってここを見たら、これでした!私もこの曲は結構良く聴きますが、ライナーと、デュトワなど、硬軟混ぜて聴いています。実に解りやすくて良い曲!
Posted by 安倍禮爾 at 2009年11月18日 22:18
安倍禮爾さん、コメントありがとうございます。

シンクロしていたみたい、奇遇ですね。
フリッツ・ライナーは好きな指揮者です、研ぎ澄まされると、何よりカッコ良い音楽になる・・・その典型みたいです。

でも、その中に色香も漂うのが、今風のメカニカル一辺倒ではないところでしょうか。
Posted by 安田裕隆 at 2009年11月19日 20:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック