2009年11月06日

アート・ペッパー/モダン・アート

やっと一週間が終わりました。
久々にステレオで黒い円盤のレコードを聴いています。

リラックス・タイムには
アート・ペッパーでしょう。
ilp606.jpg
1989年当時、ブルーノートをリリースしていた
東芝EMI株式会社による「LP最後の復刻
という帯も懐かしい「モダン・アート

1956年〜1957年録音のモノラル盤ですが
さすが、音質良好です。

A面1曲目「BULE IN」など
uls1534v.jpgかつてテイチク・レコードで
ALL TIME JAZZ 1500 SERIESとして出た
Art of Pepper Vol.2
にも含まれていたのではないかな〜
自宅にレコードを置いているので確証ありませんが

とにかく、艶やかなペッパーのアルト・サックスで、
軽やかなブルース・フィーリングに魅せられて、
この1週間にアレコレとあった出来事にも心が軽くなります。

今週は行ったり来たり、毎日外出していましたし、
新たな日報作成というノルマのような作業も増えました。
日報の半分は同僚にお願いしていますけれども・・・

すでに司牡丹を2合飲みましたしね
もう廃人同様ざんす。
posted by fronte360 at 20:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 08〜12-POPs(洋楽)全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
安田さん、こんばんは。

お酒の飲み過ぎは体に毒ですよ! ご家族のことも考えて、ご自愛くださいm(__)m

ところで、最近の当方は「英雄の生涯」にハマっています。結構リヒャルト・シュトラウスという作曲家…好きです。

どうぞ、よろしくお願いいたします。
Posted by 岩崎 高宗 at 2009年11月06日 21:01
岩崎さん、おはようございます。

お気遣いありがとうございます。

今朝もいつもどおり、4時に目覚めまちゃいましたね。
いつもこんな感じですね。

R.シュトラウスは、自分はここ数年、ようやく聞き通せるようになりました。

若いときは、管弦楽を駆使したメカニカルな曲というイメージでしたけれど、
この年齢になると、妖艶は色香のようなものをR.シュトラウスの音楽に感じるようになりましたね。

ではでは
Posted by 安田裕隆 at 2009年11月07日 09:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック