最近の記事

2009年09月13日

東京散歩、京都→北海道→山梨→山口

うつら・・うつら・・とすることはあっても、纏まった昼寝ができません。
困ったものだな。

ということで14時前、刺すような陽射しのなか、東京散歩に出発です。
といっても、今回は、東京にある各都道府県のふるさと
各都道府県アンテナショップ巡りで、近所で手近な所を巡ってみました。

この企画、単身赴任で東京にやってきた頃より興味がありまして・・・
実は、こちらの部屋のケーブルTV、東京ケーブルネットワークTCN)の
コミュニティチャンネルで、昨年より土日に放映していたのが、
とても面白かったんです(「東京ふるさとネットワーク」今は終了して残念!)

ということで、既にこれまでにも立ち寄ったところはありますけれど、
あるお目当てがあったので、ご近所のショップも巡ってみることにしました。

今回は東京駅で下車、
八重洲地下街よりヤンマーのビルのところ、1階に出ますと、京都館

090913_06.jpg

あるのは以前より知ってましたが、中に入ってみるのは始めて。
いやぁ、やはり雅ですなぁ。
三年坂(産寧坂)にある老舗七味家の七味唐辛子くらいしか落着いて
買えない雰囲気ですね。

090913_07.jpg

さて、この南隣のビルの1階には、北海道のアンテナショップFOODIST
ここは何度かきていますが、その名のとおり、食品が満載ですね。
しかもリーズナブル。

売り場の半分以上が工芸品だった京都と違い・・・
隅っこに北見のハッカを置いてある区画を除いては、すべて食品ですし、
飲食店も併設されているんですね。 これはいいですよ。
ここで、この前と同じくワンカップと酒のつまみを購入しました。

さて日本橋に進路を向けて進むと・・・ありました、日本橋プラザビル
この1階には、2つ入っていて、まずは山梨県

090913_08.jpg

富士の国やまなし館
ここはやっぱりワインが豊富で、店員さんもワインに詳しいようです
(他のお客さんに話をしているのを素知らぬ顔で聞いてました)。

日本酒は七賢のワンカップ(そいうえばワインのワンカップも有りました)
これに合う食材を探すと、洋菓子とか何故かアワビ?? 山の幸は??
今度の楽しみにしましょう。

ということで、同じ1階でも反対側の入口にある
おいでませ山口館

090913_09.jpg

おいでませ山口へ・・・ これに反応できるのは同年代の関西人??
全国放映だったかは知りませんが「おいでませ」というと「山口へ」ですよね。

じつはここが最終目的地でして・・・
萩焼ぐい飲みを1個、買ってしまいました。 欲しかったんですわ。
そしてこれに合いそうな日本酒ということで、「山猿
これも先のTCNの番組で放映されてまして、一度飲んでみたかったんです。

山猿」に使われているお米は、山田錦ではなく・・・
穀良都(こくりょうみやこ)という昔ながらの品種で、
これにこだわっている点では稀有な日本酒だといって良いと思います。
詳細は、⇒ココ に詳しくかかれてます。

芳醇というか、濃厚なお酒ですね。 度数はやはり15〜16度となってます。
今回、常温でしたが、次は冷で試してみたいと思います。

090913_10.jpg

ということで既に飲酒運転中です。
山猿萩むらさきぐい飲み、そして・・・煮物は自家製で今朝造ったもの。
といっても、冷凍食材(里芋+人参+牛蒡+蓮根)が主でして、
今朝買った鳥のモモ肉にちぎり蒟蒻を入れてます。

友人より送ってもらっている利尻の粉末昆布の出汁も隠し味で効いてますね。
明日はここに大根も加えて再度煮込んでみましょう。

いつも週末は夕方より飲酒して、とっても早いペースですぎてゆきます。
でもこれが楽しみですものね。
posted by fronte360 at 18:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 08〜12-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 アンテナショップ、良いですね。

 アンテナショップを徒歩で巡る、近い内にしてみたいと思います。体を動かすこともでき、地元ならではの食材やアルコールも手に入るのですから、一石二鳥です。

 素晴らしいトリガーを有り難うございました(^^)。
Posted by 赤いハリネズミ at 2009年09月14日 21:42
赤いハリネズミさん、コメントありがとうございます。

アンテナショップ巡り、上述のポータルサイト
  http://www.antennashop.jp/
ここが出発点なので、よく見て、コースを錬っておくといいと思いますよ。

新橋→有楽町→八重洲→日本橋
これでかなりの部分を回れると思いますけれどね。 巡って、中を見る楽しさを時間を考えると、狙いを定めて、ゆっくりと回るのがよろしいかと・・・

なお個人的には日本酒のワンカップですね。

そりゃぁ、吟醸とかで、1,000円以上出して買ってもね、美味しいのは当たり前ですし、嗜好品ですから、口に合わないものも中にはありまして・・・

その点、ワンカップなら200円〜300円ですから、これで口に合うものが見つけられればOKですし、何よりこれが気取らない本当の土地のお酒なんですよね〜
Posted by 安田裕隆 at 2009年09月15日 05:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック