最近の記事

2009年06月22日

ラヴィエ指揮のピエール・ドゥ・ラ・リュー「レクイエム」

先日の帰省時に持ってきたレコードです。
13pc207.jpg
ピエール・ドゥ・ラ・リューレクイエム

フィリップスの「宗教音楽1300シリーズ」で、
愛らしいジャケット・デザインは、
レギュラー盤時代と同じです。

今でも中古レコード屋さんでよく見かけますので
よく売れたのではないでしょうか。 

パリ・ポリフォニーク・アンサンブルの演奏は
ア・カペラと若干の器楽(中世ハープ、リコーダ、フルートほか)で演奏されて、
落ち着きの中にも華やかさがあって、
宗教音楽という枠組みを超え、ひたすらに音楽を聴きたくなる・・・
そんな瞬間があります。

これが名曲・名演奏といったものではないかしら・・・

さて、今日はブルー・マンデーでしたが
渋谷のネット企業に仕事で単独直行だったため、ゆるりと出勤でした。

このところ、緩い感じが続いていることもあり、ピリッとしませんね。
朝も、2度寝・3度寝でようやく起きる有様で・・・
けっして身体は疲れていないはずなのに、重くて、精力沸かず、でした。

とにかく、お客さま先での所要を済ませ、お昼前には川崎オフィスへ。

午後は見積書を作ったり(久しく作ってないのでリハビリ必要)
明日はまた別のお客さま先への訪問(これは親会社営業同行)も決定し、
川崎に居ることで、徐々にリハビリになってゆくのかしら・・・
今の十条のお客さま先も大切だけれども、そろそろ転換期かしら。

そういえば、所属している会社が分割吸収されるそうで・・・
7月より会社名が変わります。 これで6回目。
片手でターンしてしまいましたが、これもサラリーマンですから仕方ありませんわ。

そんなことはさておき、今宵は無心になって音楽を聴きましょう。
posted by fronte360 at 21:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 06〜10-LP/LD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ
ピエール・ドゥ・ラ・リューのレクイエムは美しいですね。
全編を通じて流れるポリフォニーの妙なる調べが
おっしゃるとおり聴く者を無心の境地に誘います。
 
学生時代に合唱団で何かポリフォニーをやろうということになり、
このレクイエムも候補にあげて正にこのレコードを買って聴きました。
結局演ったのは別の曲になりましたが。。。

このレクイエムは今でも名曲だと思っています。
Posted by 28号 at 2009年06月22日 22:41
28号さん、コメントありがとうございます。

このラヴィエ指揮によるピエール・ドゥ・ラ・リューのレクイエム
器楽が入っていて、その器楽のハーモニーも美して、華やかですね。

もう1枚、こちらにも持ってきていませんが、ベールマン指揮によるレコードももっていて、こちらは声楽のみ。
 ↓
http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/lp/ow7624vx.htm

確かに名曲ですよね。
Posted by 安田裕隆 at 2009年06月23日 05:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック