最近の記事

2009年06月20日

アンドレ・カンプラ 詩篇129番「深き淵より」

アンドレ・カンプラ(1660〜1744)

パリ・ノートルダム大聖堂の楽長でもあった人で
ルイ15世の摂政オルレアン公フィリップの後盾を得て活躍した
いわゆるヴェルサイユ楽派で音楽家。
rel1517.jpg
すべてはジャケット解説の受売りなんですけれど、
受験の時には世界史をとったこともあり、
オルレアン公=オレンジ公・・
って習ったよな、そんな興味も持ちつつ
ジャケットの解説も読み込んでしまいます。

その彼が一番栄光に満たされていた1723年
旧約聖書の詩篇をテキストに書いた賛歌です。

終曲にはレクイエムが付いていて
これにより葬儀が始まるときの曲であるとのこと。

表題の「深き淵より」より、
なんだか暗く陰鬱な感じがしますけれど
意外と馴染みやすく、明るく力強いアリアもあって
最後は小規模の合唱によるフーガの流れが明るく
そして美しく包み込むようにして終わります。

このレコード
社会人になって3年目、ようやく大阪に戻ってきたころ
連日足しげく通った、堂島ワルツ堂にて捕獲した中古レコードです。

このレコードより宗教音楽のレコードを集めたものです・・・
といっても直ぐにアキましたけれど、ね、

今回の帰省では、
その頃に集めたものを中心に、12枚のレコードを持ってきました。
またクラシック以外のCDを6枚持ってきました。

自宅のサンスイのアンプ(AU-D707X DECADE)
肝心のPhono入力が調子悪いんです、修理に出さないと・・・

そんなことで今回の帰省では音楽はまったく聴かず(CDは聴けますけどね)
音盤の移動がこれからも加速しそうです。
posted by fronte360 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 06〜10-LP/LD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック