最近の記事

2009年05月31日

田端・日枝神社

昼から雨なんですかね、雨が降るまえに行ってきました。
田端の日枝神社(ひえじんじゃ)

いいところでしたね〜
こんな所がまだご近所にあったなんて・・・ 不覚でした。

動坂からJR田端駅に向う切通しの道、田端八幡神社の前の道を左折

090531_01.jpg

田端八幡神社はこの先の小高い丘の上にあります。
この隣が赤紙仁王尊東覚寺ですが、いまだ区画整理に伴う工事中

090531_02.jpg

ちょっとだけ赤紙仁王尊が見えましたね。

この道、赤紙仁王尊通りって言うんですかね
そんな看板もありましたが、しばらく歩いていくと・・・

090531_03.jpg

日枝神社参道の石碑が右手にありました。

090531_04.jpg

ここの神社の鳥居の形は特徴的ですね。
鳥居には、神明系と明神系の2つの形があるのを偶然知りましたが(ココ
ここのは明神鳥居系の山王鳥居(合掌鳥居)というのだそうです(ココ)。
そしてまた面白いのが狛犬

090531_05.jpg


090531_06.jpg

風雨にさらされて角が取れるところか、剥落して角張ってて
まるで円空仏のような感じになってますね。

090531_07.jpg

階段を登ると木造の祠がこじんまりとしていい雰囲気です。
そして見晴らしも良い感じ。 ただ今日は曇ってますけどね。

090531_08.jpg


090531_09.jpg

なお境内には、帝国在郷軍人会田端分会第ニ班による
昭和9年に建てられた皇太子殿下御降誕記念の碑もありました。

090531_10.jpg

祠の裏手にもまた石の祠があって、こちらも剥落してますよ。
これも味があるなぁ。

090531_11.jpg

それで気になって階段を降り、狛犬を再度鑑賞。

090531_12.jpg


090531_13.jpg

礎石の裏の刻印を見ると、大正十二年となっていました。

090531_14.jpg

奉納したのが武智亀之助・ミヤ(妻?)、曾我廼家五九郎(倅?)でしょうか
石工・高木梅ニ郎とも彫られていました。
曾我廼家五九郎を調べてみたら、年代的にも一致しました(ココ)。

とにかく田端の日枝神社
ちょっと奥まったところにあるこじんまりとした神社ですけれど
アレコレとあって実に面白いところでした。
posted by fronte360 at 12:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 08〜12-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ。ご無沙汰です。
木曜日から関東に出○していましたが、今回はずっと雨にたたられました。今度行くときは、ぜひ晴れの天気が続いて欲しいものです。
さて、帰ってきて体調を少し崩したものの、本日交響楽団ひびきのコンサートに行ってきました。ブログに感想を書いていますので、ご訪問いただければ幸いです。
6月は毎週のようにコンサートが目白押しになっていて、迷うばかりです。あまり重なると、ちょっとそちらのほうで調整してよ!という気持ちになったりしますね。
東京散歩、いつも楽しみにしています。
Posted by 我太呂 at 2009年05月31日 22:24
我太呂さん、いつもありがとうございます。

こんな目立たないところで失礼しますが・・・
今朝ほど、今週末の演奏会の招待状と7月に天理であるファミリーコンサートのチケットを送付させていただきました。

当方のアマオケ散歩(?)がままならないため、
我太呂さんのブログの書き込みをいつも注目していたりします。

ですが・・・今回は突然であって無駄にしていただいても構いません。
手元で使わない招待状などがあると不憫なんですよ・・・
Posted by 安田裕隆 at 2009年06月10日 22:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック