2009年04月12日

生存証明その2

先週月曜夜、23時を回ってお客さま先を出ましたが、
火曜夜はついに徹夜状態・・・
といっても朝6時前にいったん部屋に戻ってシャワーを浴び、着替え、
8時すぎに出勤できたのが幸いでした。
その後、連日23時前には部屋に戻ってこれてますが、この土日も出勤で・・・
いわゆる、正念場、なのですわ。

ということで疲れも溜まっていますが、
メンデルスゾーンが最近のお気に入りですね。
クレンペラーによるスコットランドなど心に沁みます。

このところ聴いているのがuccd1047.jpg

フランスのピアノの貴公子ティボーデ
メンデルスゾーンゆかりのゲヴァントハウス管による
メンデルスゾーンピアノ協奏曲第1番第2番

勢いのある演奏でちょっと追われるような感じもしますが、元気でますね。

またティボーデの独奏による
厳格なる変奏曲 ニ短調 作品54
ロンド・カプリツィオーソ ホ長調 作品14
もお気に入り。

厳格なる変奏曲、先日は杉山昭子さんで聴きましたが
ティボーデもまたしっかりとしたテクニックで惹きこまれますね。

いずれもしっかりとした古典派を基調に
ロマン派の輝きをそっとちりばめたのような感じでしょうか。

これまでメンデルスゾーンって軽々しいといった印象だったのですが
古典派からの延長線の近いところにいることを意識しながら聴いています。

では今日もこれから出発です。
ということで、いただいているメールにも返事してませんがご容赦願います もうやだ〜(悲しい顔)

posted by fronte360 at 06:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 05〜10-CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
超ご多忙な中、音楽を忘れず身近に置いて ご自分の城を守るお姿に感銘受けます

どうかお体おたいせつに〜
Posted by まじこ at 2009年04月15日 11:10
まじこさん、ようこそいらっしゃいました。
コメントありがとうございます。

音楽はいいですよね〜 連日通勤時にメモリプレーヤで聴いています。
今は、カラヤン/BPOによるメンデルスゾーンの交響曲全集で、1,2,5、3番と聴き進んできました。

聴かせ上手ですね、でもちょっと作り物っぽい感じもして・・・また違った演奏も聴きたくなってます。
文京区には図書館がたくさんあって(近所に2つほどあります)、CDを貸してくださるので便利ですので、また探してみたいとおもってます・・・が行く時間がとれないのが、正念場の悲しいところですけどね〜 では〜
Posted by 安田裕隆 at 2009年04月16日 06:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック