2009年03月23日

畑儀文、シューベルト/美しき水車小屋の娘

畑儀文(はた・よしふみ)さん

兵庫県篠山市生まれで、関西を中心に宗教音楽、バロック音楽の分野で活躍、
シューベルティアーデ・ジャパン代表で、
丹波の森国際音楽祭シューベルティアーデたんば総合プロデューサー。

シューベルティアーデたんばで使っている小型オルガンの伴奏で聴いたのは
みどり会の演奏会だったかしら。 暖かな歌声が魅力的で、好きな歌手です。

今朝の通勤は、その畑儀文さんによるcocq83492.jpg
シューベルトの歌曲集「美しき水車小屋の娘
を聴いていました。

そもそも歌曲はほとんど聴かないし、
歌詞はおろか筋もよく理解してませんが、
第10曲「涙の雨」ではしみじみと聴き入り
不覚にも涙がこぼれそうになりました。 心が弱っている証拠なのでしょうか・・・

昨夜は町田オフィスに14時に休日出勤し、結局帰宅できたのが0時過ぎ
疲れていたこともありますけどね。

しかし今夜は21時まで親会社の営業とともにお客さん対応で・・・
そのあと営業さんと飲んだこともありますが、23時帰宅でした。

そして今また「涙の雨」が気になって聴き返していますけれど・・・
畑さんのとても柔らかで静かな歌声に、しっとりと酔っていますが・・・
涙は・・・ 出ません、 やっぱり元気なんでしょう。
posted by fronte360 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 05〜10-CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック