2009年03月04日

ハラシェヴィッチ、ショパンの心

fg99.jpgアダム・ハラシェビッチ
1955年の第5回ショパン国際コンクールで
ポーランド出身の若手ピアニストとして優勝
このときの2位がアシュケナージでした。

2位のアシュケナージに比し
ハラシェヴィッチの活躍は聴こえてこないが、
廉価盤フリークにとってこのショパン
お馴染みのレコードではないでしょうか。

1973年、日本フォノグラムのフォンタナ・レコード
グロリア・パイロット・セブンとして発売された1,000円盤ジャケットが懐かしい。
当時はショパンのピアノ曲に興味ありませんでしたが、見慣れたレコードです。

これもレコファン渋谷BEAM店のゴミ同然の中より救出した100円のもの。
ショパンの祖国ポーランド出身らしく、自然体での演奏ですね。
技巧よりも郷土色と言っていいのでしょう、しみじみと感じさせます。
朝のしっとりとした時間をすごすのにいいですよ。

さて今週のお仕事は月曜夕刻より激震が走ってます。

月曜は21時までお客さま先で検討作業でしたし、
昨日は11時にお客さま先の偉い人に説明および現物もお見せして、
昼から場所を川崎オフィスに移し、親会社営業と資料作成を手伝い、
やはり21時に会社を退散してました。

こちらとしては、現在の作業は作業として、粛々と進めるのみ。
しっかし、やはり疲れますねぇ。 なんかぐったりとしてますよ。

とりあえず今日もお客さま先に行きますが、
昨日手をつけられなかった諸雑事のために昼過ぎに川崎オフィスですね。
気合入れなおして頑張りましょう。

posted by fronte360 at 06:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 06〜10-LP/LD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
安田さん、こんばんは。

こちらも仕事は「?」ですが、夜のクラシックで力をもらっております。

ところで、ショパンですか。実演では、ピアノ協奏曲第1番を2回くらい聴いた気がしますが、純粋なピアノ曲はまだ聴いておりません。というか、ピアノのみのリサイタル自体、まだ経験は1度です。日本人ピアニストでは、小山実稚恵さんのファンですけれど、実演はいずれもオーケストラとの共演のみです。

で、肝心のショパンですが、《葬送》ソナタと夜想曲、あとはピアノ・コンチェルトをたまに聴くぐらいです。まだまだ読み込みが足りません…

どうぞ、よろしくお願いいたします。
Posted by 岩崎 高宗 at 2009年03月04日 21:42
安田さん

 仕事のほうは、かなり入っているみたいですねえ。是非、朝の散歩も続けられて(健康のためにも)、過ごされて下さい。
 アダム・ハラシェヴィッチという人は、ホントに早々と消えちゃった人でしたね。懐かしいフォンタナの廉価盤、コンヴィチュニーのベートーヴェンも、このシリーズでしたっけ?岩崎さんと同じで、私もショパンのピアノ曲は、個別にはほとんどきいたことがありません。理由はいろいろありますが、まず、「数が多すぎる(?)」ことですね。なんか、とりとめもなく聴いてしまうことになりそうで、ちょっと怖いと思って、相当経ってしまいました。
Posted by 安倍禮爾 at 2009年03月05日 23:28
岩崎さん、コメントありがとうございます。

あるプロオケの演奏会、新人を紹介するような企画コンサートでしたが、ショパンのピアノ協奏曲第1番の第1楽章の途中で・・
若手女性ピアニストの方が落ちてしまった(どこを弾いているのかわからなくなって止まってしまった)ことがありましたね。

涙目で指揮者を見て、指揮者もしばらく演奏を続けて(この間はカラオケ状態)、ハイどうぞ、と指示したりしてましたが、やっぱりダメで・・・結局、最初からやり直したことがありましたよ。

ショパンのピアノ協奏曲というと、このことを思い出します。
Posted by 安田裕隆 at 2009年03月06日 06:57
安倍禮爾さん、コメントありがとうございます。

フォンタナのこのシリーズ、おっしゃるとおり初期にはコンビチュニーの交響曲や、ベーム/ウィーン響による第九、モツレク、サヴァリュッシュ/ウィーン響によるハイドンの交響曲が有名でしたよね。

安田もポップスからクラシック音楽に入ってきた人なんで、器楽曲や室内楽は苦手、オーケストラ曲もアダージョが苦手だったんですが・・・
よる年波により、だんだんと室内楽に興味が移ってきたように思えます。 
Posted by 安田裕隆 at 2009年03月06日 07:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック