2009年02月21日

久しぶりの休日、久しぶりの散歩

義母が亡くなって忌引き休暇を取得したとはいえドタバタやってまして、
また、職場復帰してからは、いきなりトラブル対応のあとは常駐状態・・

疲れて部屋に戻ると、疲れを癒すための飲酒ですが
そのまま、うたた寝するのが常態化してしまい、疲れが抜けませんね。

昨夜もまた同様でしたが、7時すぎにゴミ捨てついでの朝の散歩
まずは、よみせ通り延命地蔵尊

090221_01.jpg

ローソクと線香をあげてお礼参りをしました。
ほんとよく頑張ったと思うし、最期は苦しむことなく、
フェードアウトするかのごとく逝きましたしね。

さてここから西日暮里の富士見坂
富士山はなんとか見えましたが、あいにく靄がかかっていたので
撮った写真では確認することは難しいので省略します。

このあと、山手線で巣鴨の24Hマーケットに行って食材を購入し
染井〜駒込経由で歩いて部屋に戻ってきました。
徒歩30分、余裕ですね。

部屋に戻って音楽を聴き、TVを見ていたら急激な睡魔に襲われ、
10時半すぎからまたコタツでうたた寝・・・30分ほどですけどね、
ちょっと疲れは回復したかなと思いつつも、足の付け根が痛い。
筋肉痛みたいですわ。 やっぱ鍛えないとあきませんね。

 ●

昼食をとりながら、真昼間より、日本酒を2合いただきました。
が・・・全然、酔った気がしないのね。 元気なんかな、やっぱり。
でも、ほっとくとこのままダラダラと飲み続けるので、昼の散歩に出発。

不忍通りを南下、途中より保健所通り藪下の道へと進み
根津神社には寄らず、東大地震研究所の前へ。

始めて、ここから東大構内に入りましたが、そのまま農学部キャンパス、
工学部、文学部、医学部のキャンパスを縦断。

090221_02.jpg

これは医学部の建物レリーフですね。 中央のはハトの意匠かしら。
ちょっとトイレお借りして小用をたして、また出発。

本富士警察署の前より、一気に御茶ノ水を目指そうと思いましたが・・・
長男の高校合格のお礼参りをすべく、湯島天神へと進路変更。

090221_03.jpg

あれぇ〜、梅祭り、やっているんですね。
文京区の5大花祭りのトップを飾る湯島天神梅祭りで大勢の人出、
しかも当方と同じくお礼参りの方も多くいらっしゃることでしょう。
長男のお礼と来春の長女のお願いをしておきました。

090221_04.jpg

ところで、境内の梅園では、薩摩琵琶の演奏も行われていましたね。
でも屋外なんで、琵琶にもマイク付いてるようで、エレキ琵琶みたく、
琵琶にコードが付いてて、それがアンプに繋がってましたし、
そして唄も胸につけたワイヤレスマイクで拾ってました。

とにかく、露店も多く出ていて混みあう境内を抜けて、南下。
湯島聖堂が見えてきたので、ちょっと足を向けると開いてますね。

090221_05.jpg

久しぶりに、ここもお参りしておきます。

090221_06.jpg

しっかし、いつもながら屋根には妖怪のようなものが乗っていて
面白い建物ですね。

そうそう、ここは江戸幕府の昌平坂学問所(昌平校)ですよね
雨水を溜める鉄製の桶でしょうか、三つ葉葵が付いてました。

090221_07.jpg

このあとは、最終目的地の御茶ノ水ディスクユニオン

本日限り中古レコードが20%OFF、そんなメールが入っていたんですが
420円以下のレコードは箱詰めされてしまわれていて、ガックリ。
もう騙されませんからね。 根に持つタイプですから。

このあとDUのハードロック店にも立ち寄りましたが収穫なく
秋葉原まで歩いてゆき、清進商会で以下のレコードを捕獲しました。

■日ポリドール バロック室内カンタータ集 ルネ・ヤコブ(カウンター・テナー)、クイケン兄弟(vn,fl)、レオンハルト、ビルスマ(vc)、レオンハルト(hpsi) (MLG1004:200円)

セオン・レーベルの第3回新譜として1976年12月1日に発売されたもの。 古楽器演奏ですが、この頃、帯広で貧乏していたのでこのようなレコードが出ていたのに気付きませんでした。 上質な音楽に癒されますね。

ということで今は部屋で一人、ステレオでレコードかけて聴いてます。
そして、けっこう歩いて喉が渇いたので・・・
すでに焼酎やウィスキーを炭酸で割ったのをいただいております。

朝、買ってきた生食用の牡蠣を酢牡蠣にしなくては。
ということで、そろそろ廃人同然になるでしょう・・・ ではでは。
posted by fronte360 at 18:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 08〜12-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
安田さん

 お疲れ様です。ウィスキーがお好きなのでしょうか。炭酸でわると、いわゆるハイボールというようなものですね。このセオンのレコードが出た頃は、私も貧乏学生で、トリスやサントリーレッドはできるだけ避けていましたが、せいぜいブラックニッカでしたね。いろいろと続いておられて大変かと思いますが、事情の許す限り、ゆっくりとお休み下さい。
 このレコードで、クイケン兄弟のあとにクレジットされているレオンハルトというのは、チェンバロのレオンハルトの妹でしたっけ?なんか、懐かしいですね。
 御茶ノ水のディスクユニオンで、そういうことがありましたか。最近は私は御茶ノ水へ全然行ってないのと、今年はCD買わない宣言しましたので、CD屋へも全く行っていないもので、知りませんでした。実際、間もなく2月も終わりますが、1枚も買っていないのは確かですが。CD屋も不況のせいでサービスが悪くなっていますかね。
Posted by 安倍禮爾 at 2009年02月21日 19:35
ご家族のこと、親類のこと、諸事様々対応ご苦労様でした。東京でお仕事しながら、というのはたいへんでしたでしょう、きっと。

また機会があれば、大阪でゆっくりお話ししましょう。
Posted by 林 侘助。 at 2009年02月22日 04:17
安倍禮爾さん、コメントありがとうございます。

アルコールも音楽同様に雑食性でして・・
でも最近は、日本酒の比重がとっても高いですね。
アミノ酸がたっぷりと含まれてますし、この時期には燗にすると身体も温まりますので、風邪の予防にはいいと思っています。
ここ2〜3年は日本酒が多くて、そのために風邪もひいてないように思います。

ところで今回のレコードのレオンハルトは、お馴染みのグスタフさんです。 チェンバロ担当ですね。
Posted by 安田裕隆 at 2009年02月22日 11:31
林さん、コメントありがとうございます。

実際にしんどかったのは2年半以上、毎日奈良から大阪の病院に一日も休まずに通っていた家内だったと思います。
それに今回、通夜、葬儀の日程が長男の高校入試日と重なったのも家内の心中では重しになっていましたが、合格してくれて、そちらの心配もなくなったのが本当に良かったですね。

そうですね、また機会をもうけて尼崎に伺いたいと思います。
また、こちらに来られることがあれば、顔を見せたいと思います。
ただ4月の終わり頃まで、十条の客先に頻繁に行かないといけないのですけども。
Posted by 安田裕隆 at 2009年02月22日 11:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック