最近の記事

2008年12月18日

シュミットさまのモーツァルト

年末を控え、とても慌しい毎日を過ごしています。
昨夜は久しぶりに残業をして23時に帰宅・・・
031042bc.jpg
こんな疲れた夜には
アンネローゼ・シュミットさまによる
モーツァルトピアノ協奏曲ですね、
昨夜は第26番「戴冠式」をチョイス。

じっくり聴き込んでいると
ピアノの響きが、言い方が悪いですけど、パタパタとしてる感じがしてて、
古の楽器じゃないか、とも思えてきました。

またオケの音もしっとりとしてますが、
低弦の響きがぴったりと寄り添っていて心地よいですね。

ところで・・・
最近シュミットさまのモーツァルトピアノ協奏曲を聴いていると、
オケも含めて各楽器が唄っているように聴こえて
オペラじゃないか、
って思うことも多くあったりもします。
モーツァルトはやはりオペラの作曲家だったんじゃないか、とも
思ってみたりもしています。

さて、今日は直接顧客先に訪問するので9時に部屋を出ればOKで
つかの間の休息ですが、そのお客先では大詰めの交渉を一発。
昼には会社にとって返して会議に参加
本当は別件の客先訪問ありましたが上司にお願いしました。
夕方よりまた年末の顧客先訪問でカレンダーを配りに出ますが、
この間に、納品や見積提示などもあって大忙し・・・

早く週末が来ないかな
しばらくシュミットさまのモーツァルトが手放させそうにありませんわ。

posted by fronte360 at 08:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 05〜10-CD音楽(Classical) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは

シュミットさんのモーツアルトはほんと癒しの音楽ですね。ワタシも今は格安の全集BOXで聴いておりますが、麗しきお姿がジャケットになった昔のLP(この曲だったかどうかは忘れましたが)が懐かしいです。

キレイな方だったですよね。
Posted by にこらす at 2008年12月18日 21:47
にこらすさん、コメントありがとうございます。
アンネローゼ・シュミットさま、1973年に初来日したとき、大阪フィルの定期演奏会を聴いています。 ブロンドの髪の美人ですけれど、しっかりしたテクニックと造形で、単なる美人ピアニストでは収まらない魅力を感じています。
拙サイトのジャケット写真は以下にあります。
 ↓
http://www.h3.dion.ne.jp/~yasuda/bqcla/lp/img_lp/oc7305k.JPG

手持ちの雑誌の切り抜きなどは自宅に置いたままのなので、それも電子化してみるかな〜
Posted by 安田裕隆 at 2008年12月19日 06:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック