2008年10月18日

田端駅、川崎・女躰大神

早朝覚醒により4時には起きてましたが、
今朝はそれ以外にも用事があって、いつもと同じ通勤電車で川崎に移動。

いい天気なので、この前から気になっていたホームの写真を撮りました。

081018_01.jpg

コレ、駅ホームの上屋根を繋ぐ鉄骨・・いいえ、レールです。
田端駅のホーム上屋根の柱・梁には、古レールが大量に活用されていて
コレは、内回り・外回りのホーム上屋根を繋いでいるものです。

○の鉄材を利用して、ちょっとオシャレ
田端駅では。このような素敵な「芸術」を見ることができます。

山手線を一周してませんけれど、
いまのところコレと同じのは(○の部分の材料が少し違いますが)
鶯谷のホームを繋ぐところにあるのを見つけています。

東京駅の山手線・京浜東北線の架線を吊るす柱と梁は
また違った形状で、風情を感じさせますけれどね・・・
(今度撮影しようと思います)

なお、JR田端駅、北口は70年ぶりの改装だそうですが、
南口はまだ70年前と同じでしょうか、石畳の駅前がお気に入りです。

さて、川崎に移動し、友人と会いましたが・・・
いろいろとあって、会社近所の女躰大社にお参りして戻ってきました。

081018_02.jpg

女躰大神と書いてますが・・・
女躰神社のほうが内容のヒット率が高いようですね。

今回のお参りは女性問題とは違いますけど、いいことありますように!
posted by fronte360 at 19:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 08〜12-東京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
安田さん、こんばんは。

順調に更新されているようで、何よりです。

さて、今日は通院後、N響のC定期に行って参りましたが、日ごろの疲労でやはり体調が不十分…。また、メンデルスゾーンの《スコットランド》以外は、初体験の曲ばかりで、ほとんど感性に頼って聴いておりまして…。事前研究も必要かも…

どうぞ、よろしくお願いいたします。
Posted by 岩崎 高宗 at 2008年10月18日 22:35
N響定期の感想読ませていただきました。

安田もかつて大阪シンフォニカーというオケの定期会員だったころ、だんだんと業務が忙しくなってきて、客席に座って仮眠し、指揮者の登場の拍手で目覚めたことが何度かありますよ。

あと友人からCDを借りて、事前に予習をしていたこともありましたが・・・
最近は、アマオケの演奏会通いが主ですけれど、当日のプログラムもよく覚えておらず、会場に行って始めて気付く、なんてことはしょっちゅうです。

好きでない曲も、知らない曲であっても、一期一会で「おもしろい」と聴けたりするこもありますしね、「また聴いてみたい」と思って復習してみたりすることもあったりします。 岩崎さんも書かれているとおり、ご自分の感性で聴く、それでいいんじゃないですか? 別に演奏会を批評・評論しようなんて思っていないならば、ね。
Posted by 安田裕隆 at 2008年10月19日 05:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック